一覧表示

2020.07.06   【新聞報道】救おう!絶滅危惧種 ヤマトサンショウウオ 保護活動 岐阜高・自然科学部が幼生を放流、楠田哲士准教授(生産環境科学課程)、6/20(土)
2020.07.06   【新聞報道】イヌの新たな遺伝病を発見 ヒトの発がん仕組み 解明の可能性も 岐大助教ら 消化管ポリープ研究、平田暁大助教、酒井洋樹教授(共同獣医学科)、7/5(日)
2020.07.02   【雑誌掲載】随想:日本人とわさび、山根京子准教授(生産環境科学課程)、7/1(水)
2020.07.02   【受賞】令和2年度 日本栄養・食糧学会 学生優秀発表賞、竹内朝陽、奥村菜月(生命科学・化学専学生)、田口雄規、杉光祐紀、久松賢太郎(応用生命科学課程学生)、柳瀬笑子准教授、上野義仁教授、長岡利教授(応用生命科学課程)、6/15(月)
2020.06.29   【プレスリリース】SATREPSに提案課題が採択、山本義治教授、清水将文准教授(生産環境科学課程)他、6/25(木)
2020.06.17   【新聞報道】豚熱発生後 イノシシ減 岐阜大の研究グループ 金華山調査、池田敬特任准教授(附属野生動物管理学研究センター)、6/17(水)
2020.06.16   【新聞報道】保全活動の荘川小児童 山中峠のミズバショウ群落 種採取の網取り付ける、安藤正規准教授(生産環境科学課程)、6/16(火)
2020.06.08   【受章】令和2年春の叙勲 瑞宝中綬章受章、三輪精博名誉教授、4/29(水)
2020.06.04   【入試情報】令和3年度第3年次編入学試験について
2020.06.03   【新聞報道】スッポンやっぱり月と縁 満潮時エサ食べると成長大 、楠田哲士准教授(生産環境科学課程)、6/3(水)
【新入生・在学生のみなさんへ(6月4日更新)】新型コロナウイルス感染拡大防止
お知らせ 相談窓口

  • 産業動物診療分野の全国的な臨床実習システムの構築
  • 獣医・動物医学系教育コンソーシアムによる社会の安全・安心に貢献する人材の育成
  • 流域水環境リーダー育成プログラム
  • グローバル化に向けた実践獣医学教育の推進
  • 物質-細胞統合システム拠点サテライト機関
  • 地域協学型の風土保全教育プログラム
  • 衛星生態学創生拠点
  • 野生動物の生態と病態からみた環境評価

獣医臨床繁殖学研究室

私たちは獣医臨床繁殖学分野では、動物の“繁殖”をキーワードに、ウシ、ウマ、ブタなどの産業動物に関する研究、臨床、教育を行っています。
獣医臨床繁殖学研究室Webサイトへ

食品分子機能学研究室

食品成分のコレステロール代謝改善作用、生活習慣病改善作用について、ラット、マウスを用いたin vivoの影響、肝細胞や腸管細胞を用いた in vitroの影響、コレステロール・脂質代謝関連遺伝子などへの影響を評価しています。
食品分子機能学研究室Webサイトへ

植物遺伝育種学研究室

植物の持てる力を知り、その力を最大限に発揮する植物開発を目指しています。また、当研究室では、ワサビをはじめとしたさまざまな栽培・野生種の系統保存をしており、植物遺伝資源の保全にも取り組んでいます。
植物遺伝育種学研究室Webサイトへ

森林生態学研究室

多様な樹種で構成される落葉広葉樹林での森林の成長量の調査やつる植物の調査等を行っています。また、海外ではタイ王国で、マングローブ林の修復に関する調査を行っています。
森林生態学研究室Webサイトへ
  • 学会賞等の受賞者リスト
  • 応用生物科学部アーカイブ

ページの先頭へ戻る