最新情報

掲載日:2018年10月12日

【パネル紹介】ヤマネコ祭2018、楠田哲士准教授(生産環境科学課程)、10/27(土)、10/28(日)

【パネル紹介】ヤマネコ祭2018「野生動物を守る取組みを知る─団体の活動紹介展」
楠田哲士准教授ら(生産環境科学課程、動物繁殖学研究室
 
日時:2018年10月27日(土)、28日(日)10時〜16時30分
場所:動物園(本園)芝生広場
〔出展ブース名〕岐阜大学応用生物科学部動物繁殖学研究室+多摩動物公園野生生物保全センター
 ツシマヤマネコをはじめ国内外の様々な希少野生動物の保全に向けて行われている動物園での飼育・繁殖と、それを支える研究を紹介します。会場には、応用生物科学部生産環境科学課程応用動物科学コースの学生と教員がいますので、高校生や大学院志望の方も気軽にお声掛けください。コースのパンフレットなども配布します。
 
詳細はこちら(東京動物園協会-井の頭自然文化園HP)
 公益財団法人東京動物園協会(恩賜上野動物園、多摩動物公園、井の頭自然文化園、葛西臨海水族園)とは、2017年8月1日に「動物園水族館動物に係る研究及び教育に関する基本協定」を締結し、様々な希少動物の保全繁殖に関する共同研究等に取り組んでいます。
 


ページの先頭へ戻る