最新情報

掲載日:2019年6月14日

【シンポジウム】令和元年度 酒と食の文化の実践的理解、岐阜大学 応用生物科学部 教育プログラム、6/29(土)

岐阜大学 応用生物科学部 教育プログラム
創立70周年記念事業
「令和元年度 酒と食の文化の実践的理解」シンポジウム
 
日時:令和元年6月29日(土)
場所:101教室(講演会)・102/103教室(テイスティング)
共催:岐阜県酒造組合連合会;岐阜県食品科学研究所
 
【プログラム】
12:30- 受付
13:00- はじめに
 13:05- はじめに      杉山 誠(学部長)
 13:10- ご挨拶       中島 善二(岐阜県酒造組合連合会 会長)
 13:15- ご挨拶       稲葉 昭夫(岐阜県食品科学研究所 所長)
13:20- シンポジウム
 13:20- 新規清酒製造用酵母の分離
              数岡 孝幸(東京農業大学)
 14:05- 三重大学における酒造り
              苅田 修一(三重大学)
14:35-14:45 休憩
 14:45- SAKE DIPLOMAについて
              野中 貴子(岐阜市職員)
 15:10- 学生による研究報告
     日本酒度-酸度-アルコール度の関係性と岐阜大学生の日本酒嗜好
     調査結果から探る岐阜大酒の向かうべき方向
              落合 寛樹(岐阜大学工学部学生)
 15:30- 岐阜大酒の仕込みの特徴について
              宇野 雅紀((資)山田商店杜氏)
16:10- 日本酒テイスティング(102・103講義室)
    ・参加資格:成人のもの(身分証提示)
    ・嗜好調査(学生による評価)
17:30- 閉会のことば     光永 徹(副学部長)

※テイスティングがございますので、お車での来場はご遠慮下さい。
 
ポスターはこちら


ページの先頭へ戻る