ホーム > 食品分子機能学研究室 > 研究業績

食品分子機能学研究室

研究業績

原著論文、著書、学会発表、特許等

2018

原著論文

  • 長岡 利:コレステロール代謝制御に関する栄養食糧学的研究(平成27年度学会賞)日本栄養・食糧学会誌 71 (1),11-20(2018)(総説)
  • Nagaoka, S.: Structure-function properties of hypolipidemic peptides J. Food Biochem. e12539 (2018) (Invited Review)
  • Nagaoka, S.: Mystery of cholesterol lowering peptide, lactostatin and soystatin J. Agric. Food Chem. "in press" (2018)

学会発表

  • 川口 勇矢、岡田 利孝、長岡 利 : バラ花弁中のポリフェノールであるEugeniinはヒト肝細胞におけるLDL受容体活性化に関与する. 第72回日本栄養食糧学会講演要旨 p.257 (2018) (岡山)
  • 川口 勇矢、岡田 利孝、長岡 利 : バラ花弁中のポリフェノールであるEugeniinはヒト肝細胞におけるLDL受容体活性化に関与する. 日本農芸化学会 2018年度大会講演要旨 (名古屋)
  • 残華 久美子、川口 勇矢、岡田 雄大、長岡 利 : 茶カテキン(EGCG)によるLDL受容体活性化に67LR(ラミニン受容体)は関与しない. JsoFF、p理フェノール学会、カテキン学会合同大会(京都)
  • 奥村 菜月、田口 雄規、杉光 祐紀、酒井 優治、久松 賢太郎、上野 義仁、長岡 利 : 光親和性標識による脂質ラフトにおけるラクトスタチン受容体探索. 2018年度酪農科学シンポジウム (市川)
  • 残華 久美子、川口 勇矢、岡田 雄大、長岡 利 : Epigallocatechin gallate (EGCG) のLDL受容体活性化作用には67 kDa ラミニン受容体を媒介しない新規経路が関与する. 日本農芸化学会中部支部 第183回例会 (名古屋)
  • MAIHEMUTI MIJITI、王 吉力特、長岡 利 : ペプチドアレイを活用した米α-グロブリン由来新規胆汁酸結合ペプチドの網羅解析. 日本農芸化学会中部支部 第183回例会 (名古屋)

招待講演

  • 長岡 利 : 研究開発における利益相反 (COI) と日本栄養・食糧学会における COI 管理について. 第72回日本栄養食糧学会、教育講演1 (招待講演) 2018.5.11 (岡山)
  • 長岡 利 : 茶カテキン (EGCG ) によるLDL受容体活性化機構. 愛媛大学農学研究科附属食品健康科学研究センター第7回食品健康科学セミナー (招待講演)2018.9.15 (愛媛)
  • 長岡 利 : 茶カテキン (EGCG) によるLDL受容体活性化機構.岩手大学農学部動物生理学特別セミナー (招待講演) 2018.10.4 (盛岡)
  • 長岡 利 : 脂質代謝改善ペプチド. 第1回食品栄養学セミナー (招待講演)2018.6.29 (博多)

2017

原著論文

  • Wang, J., Shimada, M.and Nagaoka, S.: Identification of the active protein in rice bran protein having an inhibitory activity of cholesterol micellar solubility. Biosci. Biotechnol. Biochem., 81(6), 1216-1219 (2017)
  • Kitamura,K., Okada,Y., Okada,K., Kawaguchi,Y. and Nagaoka,S.:Epigallocatechin gallate induces an up-regulation of LDL receptor accompanied by a reduction of PCSK9 via the annexin A2-independent pathway in HepG2 cells. Mol. Nutr. Food Res., 61(8).(2017)

学会発表

  • 内山 裕香、坪井 俊樹、島田 昌也、長岡 利 : 卵白タンパク質由来の新規コレステロ ール代謝改善ペプチドSRLYの発見.日本農芸化学会2017年度大会講演要旨 2A08a03 (京都)
  • 大林 由季奈、磯貝 渚、井辰 かおる、島田 昌也、長岡 利:ラクトスタチン(IIAEK)は 肝特異的転写因子HNF-3αを介してコレステロール分解系を活性化する. 日本農芸化学会2017年度大会講演要旨 2A08a04 (京都)
  • 岡田 雄大、北村 幸平、島田 昌也、長岡 利: エピガロカテキンガレート(EGCG)は 67kDa

    Laminin Receptor (67LR)を介さないERK経路でコレステロール代謝改善作用を発揮する.日本農芸化学会2017年度大会講演要旨 2A08a05 (京都)
  • 王吉力特、島田昌也、長岡 利:米糠タンパク質のコレステロール代謝改善作用に関する

     研究. 第71回日本栄養食糧学会講演要旨p.311(2017)(沖縄)
  • 王 吉力特,長岡 利: 米糠タンパク質はコレステロール代謝改善作用を発揮する.

    日本農芸化学会中部支部第180回例会講演要旨 (2017)(名古屋)(中部支部企業奨励賞受賞)
  • 王 吉力特,長岡 利: 米糠タンパク質はコレステロール代謝改善作用を発揮する.

    第73回日本栄養・食糧学会中部支部大会講演要旨 p.6 (2017) (岐阜)
  • Takumi Sakakibara, Kazuki Ogawa, Satoshi Nagaoka, and Emiko Yanase:Interaction between Bile Acid and Tea Catechins Inhibits Micellar Cholesterol Solubility.International Symposium on Natural Medicines 2017, Bogor, Indonesia, August 24-25 (2017)

招待講演

  • シンポジウム「タンパク質、ペプチド、アミノ酸に関する研究の最近の進歩―吉田 昭先生を偲んで―」、長岡 利:「タンパク質、ペプチド、アミノ酸の脂質代謝調節機能」、オーガナイザー & 招待講演、第72回日本栄養・食糧学会中部支部大会講演要旨 p.6-7 (2017) (岐阜)
  • Nagaoka, S.: Hypocholesterolemic Pentapeptide Lactostatin (IIAEK) Activates Cholesterol Degradation via Hepatocyte Nuclear Factor 3α in HepG2 cells. 2017 American oil Chemist's Society Meeting & Expo (2017)(Orland, USA)2017.5.1(Invited speaker)
  • 長岡 利:「ポリフェノールの脂質代謝調節機能」, 愛媛大学農学研究科附属食品健康科学研究センター第6回食品健康科学セミナー(招待講演) 2017.9.22(愛媛)
  • 長岡 利:「コレステロール代謝を改善する食品成分に関する基礎研究」「岐阜大学産学連携フェア」2017.10.20(岐阜)
  • Nagaoka, S.: Hypocholesterolemic Pentapeptide Lactostatin (IIAEK) Activates Cholesterol Degradation via Hepatocyte Nuclear Factor 3α in HepG2 cells. The 10th International Conference and Exhibition on Nutrceuticals & Functional Foods(ISNFF 2017)(Gunsan, Korea)2017.10.24
  • 長岡 利:「タンパク質、ペプチド、アミノ酸の脂質代謝調節機能」, 国際アミノ酸協会「アミノ酸セミナー」2017.12.1(東京)

  • 長岡 利:「タンパク質、ペプチド、アミノ酸の脂質代謝調節機能」, 協和発酵バイオ(株)社内講演会, 2017.11.30(筑波)
  • 長岡 利:安藤百福賞優秀賞受賞講演(東京)2017.3.13

2016

原著論文

  • Ogawa, K., Hirose, S., Nagaoka, S. and Yanase, E.: Interaction between tea polyphenols and bile acid inhibits micellar cholesterol solubility. J. Agric. Food Chem. 64, 204-209 (2016)
  • 食品タンパク質由来ペプチドの生活習慣病予防改善作用に関する研究の  新展開, 化学と生物 54(11), 804-811 (2016)
  • 渡邊明子,佐藤千奈,服部幸治,髙木寛,八代洋一,中田悟,長岡利:霊芝抽出物の血漿コレステロール低下作用とそのメカニズム, 日本食品科学工学会誌 63(7), 319-324 (2016)

学会発表

  • 秋江祐希, 久松賢太郎, 柳瀬笑子, 島田昌也, 長岡利:大豆由来ペプチドVVFLASVSは疎水性相互作用を介してコレステロールのミセル溶解性を低下させる.日本農芸化学会2016年度大会 (札幌)
  • 小川和樹、廣瀬紗弓、内田和宏、長岡利、柳瀬笑子: 茶ポリフェノールのコレステロールミセル溶解阻害活性とその分子機構に関する研究.日本農芸化学会2016年度大会(札幌)
  • Wang, J., Shimada, M. and Nagaoka, S.: Identification of the active proteins in rice bran having an inhibitory activity of cholesterol micellar solubility. International conference on rice bran oil, Abstract p.136 (2016)(Tokyo)

  • 岡田健司、三島周平、島田昌也、長岡 利:L-CysteineはHepG2細胞においてPCSK9の下方制御を伴ってLDL受容体を活性化する.第55回日本栄養食糧学会講演要旨(2016)(神戸)
  • 岡田 雄大,北村 幸平,長岡 利:エピガロカテキンガレート(EGCG)はスタチンによる動脈硬化促進因子PCSK9の増加を抑制する.第10回日本ポリフェノール学会(2016)(東京)

  • 岡田 雄大,北村 幸平,長岡 利: エピガロカテキンガレート(EGCG)はスタチンによる動脈硬化促進因子PCSK9の増加を抑制する. 日本農芸化学会中部支部第177回例会(2016)(名古屋)
  • 内山裕香,坪井俊樹,島田昌也,長岡利: コレステロールの分解を促進する卵白タンパク質由来新規ペプチドSRLYの発見. 日本農芸化学会中部支部第177回例会(2016)(名古屋)

  • 大林由季奈、磯貝 渚、井辰かおる、島田昌也、長岡 利: ラクトスタチン(IIAEK)は肝特異的転写因子HNF-3αを介してコレステロール分解を促進する.第71回日本栄養・食糧学会中部支部大会 (2016) (岐阜)

招待講演

  • 長岡 利:「食品タンパク質由来の機能性ペプチド」, 脂質代謝改善ペプチド 日本農芸化学会2016年度大会シンポジウム講演(招待講演 & オーガナイザー)(札幌) 2016.3.28
  • Nagaoka, S.: Exhaustive analysis of a novel bile acid binding peptide derived from soybean protein and efficient modification of soystatin by peptide array, The 107 th American oil Chemist's Society Meeting & Expo (2016)(Salt Lake City, USA)2016.5.4
  • 長岡 利:「生活習慣病予防改善作用を発揮する食品機能性成分に関する研究-脂質代謝改善作用を中心に-」, 愛媛大学農学研究科附属食品健康科学研究センター 第5回食品健康科学セミナー,(愛媛)2016.9.30

  • 長岡 利:「食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究」−機能性食品開発のための基盤− 平成28年日本食品保健指導士会秋期研修会, 2016.11.12 (名古屋)

2015

原著論文

  • Ogawa, K., Hirose, S., Yamamoto, H., Shimada, M., Nagaoka, S. and Yanase, E.:Synthesis of oolongtheanins and their inhibitory activity on micellar cholesterol solubility in vitro. Bioorg. Med. Chem. Lett. 25: 749-752 (2015)
  • Wang, J., Shimada, M., Kato, Y., Kusada, M. and Nagaoka, S.: Cholesterol-lowering effect of rice bran protein containing bile acid-binding proteins.Biosci. Biotechnol. Biochem. 79, 456-461 (2015)

学会発表

  • 久松賢太郎, 秋江祐希, 島田昌也, 岩本悟, 長岡利: 大豆由来ペプチドVVFLASVSは疎水性相互作用を介してコレステロールのミセル溶解性を低下させる. 日本農芸化学会2015年度大会講演要旨 59, 2015 (岡山)
  • 磯貝渚, 古田真優, 島田昌也, 長岡利: ラクトスタチンはHNF-3alpha及びカルシウムシグナリングを介してコレステロール分解系を活性化する. 日本農芸化学会2015年度大会講演要旨 59, 2015 (岡山)
  • Asai, S., Kashima, Y., Kanematsu, S., Kusada, M., Watanabe, S., Kawashima, T. Nakamura, T., Shimada, M., Goto, T. and Nagaoka, S.: Major royal jelly protein 1 (MRJP1) is a novel hypocholesterolemic protein derived from royal jelly, ACN2015 Abstracts 236, 2015 (Yokohama)
  • Sakai, Y., Komuro, A., Yamamoto, T., Shimada, M. and Nagaoka, S.: A novel hypocholesterolemic pentapeptide, lactstatin, inhibits cholesterol absorption via the suppression of ABCA1 gene expression in Caco-2 cells, ACN2015 Abstracts 236, 2015 (Yokohama)
  • Wang, J., Kato, Y., Shimoda, H., Shimada, M. and Nagaoka, S.: Cholesterol-lowering effect of rice bran protein containing bile acid-binding proteins. 12 th Asian Congress of Nutrition (ACN 2015), OS10-1, Abstract p.136 (2015)(Yokohama)

  • 三島周平, 岡田健司, 島田昌也, 長岡 利: L-CysteineはHepG2細胞においてPCSK9の減少を伴ってLDL受容体を活性化する.日本アミノ酸学会第9回学術大会(2015)(滋賀)
  • 岡田雄大, 三島周平, 島田昌也, 長岡利: HepG2細胞におけるアントシアニンのLDL受容体活性化. 日本農芸化学会中部・関西支部合同大会 (中部支部第174回例会) (関西支部第491回講演会) 講演要旨 15, 2015 (富山)
  • 山本 仁美、金 梨援、島田 昌也、長岡 利: 大豆β-コングリシニンα´サブユニット由来ペプチドのコレステロール代謝改善作用. 第69回日本栄養・食糧学会中部支部大会 2015 (静岡)

招待講演

  • Nagaoka, S.: Cholesterol lowering peptides. 12 th Asian Congress of Nutrition (ACN 2015), SY25-02, Abstract p.69 (2015), 2015.5.15(Yokohama)

  • 長岡 利:脂質代謝改善作用を発揮する食機能性成分, シンポジウム「食品成分による生体応答と健康維持」,平成27年度 日本農芸化学会 北海道支部講演会,2015.8.8(帯広)
  • 長岡 利:食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究 −機能性食品開発のための基盤− .第6回岐阜薬科大学機能性健康食品(蜂産品)研究講演会, 2015.12.5(岐阜)

  • 長岡 利:食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究 −機能性食品開発のための基盤− .岐阜大学とイビデンの技術交流会 2015.9.10(岐阜)
  • 長岡 利:岐阜大学応用生物科学部後援会交流会講演, 「食と健康」-食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける-, 2015.10.30(岐阜)

  • 長岡 利:岐阜大学応用生物科学部初年次セミナー講演会, 食品機能学研究の最先端 − 食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける −, 2015.7.6(岐阜)
  • 長岡 利:岐阜大学ラボツアー講演,「生活習慣病と機能性食品」, 2015.12.8(岐阜)
  • 長岡 利:食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究

    −機能性食品開発のための基盤− .第4回ファイトケミカル研究会

    2015.12.19(岐阜)

  • Nagaoka, S.: Cholesterol lowering peptides and polyphenols. "Developing New Research Excellence in

    Natural Science and Technology", The 1st GU-NAST International Joint Meeting (GU-NAST 2015)

    (2015)(Gifu)
  • 長岡 利:コレステロール代謝制御に関する栄養食糧学的研究. 第68回 日本栄養・食糧

    学会中部支部大会. 日本栄養・食糧学会学会賞授賞講演 2015.7.18 (静岡)
  • 長岡 利:コレステロール代謝制御に関する栄養食糧学的研究. 第69回 日本栄養・食糧

    学会大会. 日本栄養・食糧学会学会賞授賞講演, 2015.5.14 (東京)

2014

原著論文

  • Cabanos C., Kato N., Amari Y., Fujiwara K., Ohno T., Shimizu K., Goto T., Shimada M., Kuroda M., Masuda T., Takaiwa F., Utsumi S., Nagaoka S. and Maruyama N.: Development of a novel transgenic rice with hypocholesterolemic activity via high-level accumulation of the α' subunit of soybean β-conglycinin. Transgenic Res., 23, 609-620 (2014)
  • 長岡 利:油脂と健康, 14, 237-242 (2014)
  • Niwa, M., Yoshida, S., Takamizawa, K., Nagaoka, S., Kawakubo, N., Takahashi, Y., Suzuki, Y. : Facilitation of web-based internet PBL: What is an adequate group size ? International e-Journal of Science, Medicine & Education (IeJSME) 8, 4-11 (2014)
  • Kashima Y., Kanematsu S., Asai S., Kusada M., Watanabe S., Kawashima T., Nakamura T., Shimada M., Goto T. and Nagaoka S.: Identification of a novel hypocholesterolemic protein, major royal jelly protein 1, derived from royal jelly. PLoS One, 9, e105073 (2014)
  • Tanaka, Y., Shimada, M. and Nagaoka, S.: L-Cysteine-induced up-regulation of the low-density lipoprotein receptor is mediated via a transforming growth factor-alpha signalling pathway. Biochem. Biophys. Res. Commun., 444, 401-405 (2014)

学会発表

  • 北村幸平, 三島周平, 島田昌也, 長岡利: エピガロカテキンガレートによるLDL受容体活性化及びPCSK9減少の分子機構. 日本農芸化学会2014年度大会講演要旨 51, 2014 (東京)
  • 小室あゆ美, 山本達記, 上田浩, 島田昌也, 長岡利: ラクトスタチンはABCA1発現低下を介してコレステロール吸収を抑制する. 日本農芸化学会2014年度大会講演要旨 51, 2014 (東京)
  • 北村幸平, 三島周平, 岡田雄大, 島田昌也, 長岡利: Epigallocatechin gallateはPCSK9低下を伴ってLDL受容体を活性化する. 第8回日本ポリフェノール学会学術大会講演要旨 26, 2014 (東京)
  • 兼松 智、加島優里、細尾栄補、落合優希、渡邉鈴代、川島拓司、中村正、島田昌也、長岡利:ローヤルゼリー(10-ヒドロキシ 2-デセン酸)はコレステロール代謝改善作用を発揮する. 第68回 日本栄養食糧学会大会2014(札幌)

  • 長岡 利、清水康輔、大野友輝、島田昌也、後藤 剛、高岩文雄、黒田昌治、丸山伸之. 大豆β-コングリシニンα´サブユニット含有新型米はコレステロール代謝を改善する. 第68回 日本栄養食糧学会大会講演要旨 306, 2014 (札幌)
  • 北村幸平, 三島周平, 岡田雄大, 島田昌也, 長岡利: Epigallocatechin gallateは PCSK9低下を伴ってLDL受容体を活性化する. 第8回日本ポリフェノール学会学術大会2014 (東京)
  • Kitamura, K., Mishima, S., Okada, Y., Shimada, M. and Nagaoka, S.:Epigallocatechin gallate induces a reduction of PCSK9 accompanying with an up-regulation of LDL receptor in HepG2 cells. The 3rd UGSAS-GU Symposium 2014 (Gifu)
  • Nagaoka, S., Kitamura, K., Mishima, S. and Shimada, M.: Epigallocatechin gallate and quercetin induce a suppression of PCSK9 accompanying with an up-regulation of LDL receptor in HepG2 cells. The 27th International Conference on Polyphenols Abstracts 41-42, 2014 (Nagoya)
  • 古田真優, 磯貝渚, 井辰かおる, 世古聖士, 島田昌也, 長岡利: IIAEKはHNF-3α及びカルシウムシグナリングを介してコレステロール分解系を活性化する. 日本アミノ酸学会第8回学術大会講演要旨 52, 2014 (東京)
  • 古田真優, 磯貝渚, 井辰かおる, 世古聖士, 島田昌也, 長岡利: ラクトスタチンはHNF-3αを介してコレステロール分解系を活性化する. 日本農芸化学会中部支部第171回例会講演要旨 29, 2014 (名古屋)
  • 久松賢太郎, 秋江祐希, 島田昌也, 岩本悟志, 長岡利: 新規コレステロール吸収抑制ペプチドVVFLASVSの作用の分子機構解析. 日本農芸化学会中部支部第168回例会講演要旨 31, 2014 (名古屋)
  • 王 吉力特,加藤由喜奈, 下田博司, 島田昌也,長岡 利:米糠タンパク質による新規コレステロール代謝改善食品開発に関する研究. 日本農芸化学会中部支部第171回例会 2014 (名古屋)
  • 久松賢太郎, 秋江祐希, 島田昌也, 岩本悟志, 長岡利: 新規コレステロール吸収抑制ペプチドVVFLASVSのコレステロールミセルに対する影響. 第67回日本栄養・食糧学会中部支部大会講演要旨 8, 2014 (静岡)

招待講演

  • Nagaoka, S.: A novel hypocholesterolemic pentapeptide, lactostatin, inhibits cholesterol absorption via the suppression of ABCA1 gene expression in Caco-2 cells. 105th AOCS Annual Meeting and Expo. May, 2014 (U.S.A, San Antonio)(Invited Speaker)
  • Nagaoka,S.: Hypocholesterolemic and anti-obesity actions of novel food components. Frontiers in Chemical Sciences 2014, 38, 2014, Decmember, 2014 (India, Guwahati)(Invited Speaker)
  • 長岡 利:タンパク質・ペプチド・アミノ酸による脂質代謝改善作用. 第42回機能  性ペプチド研究会講演. 日本食品・機械研究会 2014.10.24(大阪)(招待講演)
  • 長岡 利:食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究. 平成26年度第1回食品・機能性分子分科会(NPOバイオものづくり中部)2014.10.28(名古屋)(招待講演)

  • 長岡 利:食品成分の生活習慣病予防改善作用に関する生化学・分子生物学的研究. 岐阜大学とアピの技術交流会・招待講演 2014.7.24(岐阜)

2013

原著論文

  • Cabanos, C., Ekyo, A., Amari, Y., Kato, N., Kuroda, M., Nagaoka, S., Takaiwa, F. Utsumi, S. and Maruyama, N.: High-level production of lactostatin, a hypocholesterolemic peptide, in transgenic rice using soybean A1aB1b as carrier. Transgenic Res., 22, 621-629 (2013)
  • Goto, T., Mori, A. and Nagaoka, S.: Soluble soy protein peptic hydrolysate stimulates adipocyte differentiation in 3T3-L1 cells. Mol. Nutr. Food Res., 57, 1435-1445 (2013)
  • Hirose, M., Ando, T., Shofiqur, R., Umeda, K., Kodama, Y., Nguyen, S.V., Goto, T., Shimada, M., Nagaoka, S.: Anti-obesity activity of hen egg anti-lipase immunoglobulin yolk, a novel pancreatic lipase inhibitor. Nutr. Metab., 10, 70 (2013)

学会発表

  • 田中裕真,島田昌也,長岡 利:L-CysteineによるLDL受容体を活性化機構の解析,第67回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.122,2013年5月25日(名古屋)
  • 山本達記,小室 あゆ美,木地 裕美,大畑 愛美,島田 昌也,長岡 利:ラクトスタチンの媒介する新規腸コレステロール吸収調節系の解析,第67回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.122,2013年5月25日(名古屋)
  • 渡邊明子,高橋千奈,服部幸治,菱川昌彦,髙木 寛,八代洋一,中田 悟,長岡 利:霊芝のコレステロール吸収抑制作用,第60回日本食品科学工学会講演要旨集p.81,2013年8月30日(東京)
  • 山本達記,小室 あゆ美,木地裕美,大畑愛美,島田 昌也,長岡 利:ラクトスタチンの媒介する新規腸コレステロール吸収調節系の解析,平成25年度酪農科学シンポジウム要旨集p.24,2013年9月13日(岡山)
  • 北村幸平,三島周平,島田昌也,長岡 利:茶カテキン(EGCG)によるLDLR受容体活性化はPCSK9やAnnexin A2が媒介する,日本農芸化学会中部支部第168回例会講演要旨集p.33,2013年10月12日(名古屋)
  • 小室あゆ美,山本達記,木地裕美,大畑愛美,島田昌也,長岡利:ラクトスタチンはABCA1発現低下を介してコレステロール吸収を抑制する,日本農芸化学会中部支部第168回例会講演要旨集p.33,2013年10月12日(名古屋)
  • 田中裕真, 島田昌也, 長岡 利:L-CysteineはTGF-αを介してLDL受容体を活性化する,日本アミノ酸学会講演要旨集p.40,2013年11月2日(熊本)

特許

  • 長岡 利, 島田昌也, 高松 清治, 坂田 哲夫:コレステロール吸収抑制用食品組成物(PP20870SS)

招待講演

  • 長岡利:生活習慣病予防改善ペプチドの特定・網羅解析・作用機構解析・高機能化戦略,BIO tech 2013講演,2013年5月3日(東京)
  • 長岡利:脂質代謝改善ペプチド,日本栄養・食糧学会シンポジウム講演,第67回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.122,2013年5月25日(名古屋)
  • 長岡 利:生活習慣病予防改善ペプチドの特定・網羅解析・作用機構解析・高機能化戦略,平成25年度科学技術振興機構新技術説明会講演,2013年6月28日(東京)
  • 長岡利:食品由来ペプチド・タンパク質とコレステロール代謝,第25回夏期油脂・コレステロール研究会講演,2013年7月20日(松山)
  • 長岡利:油脂と健康,油化学講演会講演,2013年11月20日(鈴鹿)

公開講座

  • 長岡利:食品と健康の関係−生命と対話する食品たち,岐阜大学・十六銀行産学連携プロジェクト「くるるセミナー」,2013年11月13日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ,食品が遺伝子に働きかける),愛知県立旭野高校出前講義,2013年6月3日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),愛知県立丹羽高校出前講義,2013年11月7日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),愛知県立津島高校出前講義,2013年11月14日

 2012

原著論文

  • Goto, T., Saito, Y., Morikawa, K., Kanamaru, Y. and Nagaoka, S.: Epigallocatechin gallate changes mRNA expression level of genes involved in cholesterol metabolism in hepatocytes. Br.J.Nutr. 197, 769-773 (2012)
  • Goto, T., Horita M., Nagai, H., Nagatomo, A., Nishida, N., Matsuura, Y. and Nagaoka, S.: Tiliroside, a glycosidic favonoid, inhibits carbohydrate digestion and glucose absorption in the gastrointestinal tract. Mol. Nutr. Food Res. 56, 435-445 (2012)
  • 長岡利: 乳成分の脂質代謝改善作用 -乳清ペプチドを中心に-, ミルクサイエンス, 61, No.3, 253-258 (2012)

著書

  • 長岡利:タンパク質,ペプチド,アミノ酸を用いた脂質代謝を改善する特定保健用食品及び機能性食品について「医用機能性食品ガイドブック」,医歯薬出版株式会社,p.82-86,2012

学会発表

  • 森一浩,齋藤裕樹,後藤剛,長岡利:エピガロカテキンガレートはJNK経路を介してLDL受容体を活性化する,日本農芸化学会2012年度大会講演要旨集3J13a14,2012年3月24日(京都)
  • 井辰かおる,後藤剛,長岡利:ラクトスタチンはHNF3αを介してコレステロール分解系を活性化する,日本農芸化学会2012年度大会講演要旨集3J13a15,2012年3月24日(京都)
  • 加藤由喜奈,柴田麗,長岡利:ペプチドアレイによる大豆オレオシン由来新規胆汁酸結合ペプチドの網羅解析,第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.127,2012年5月19日(仙台)
  • 広瀬麻衣,安藤太志,ラハマンソフィクル,梅田浩二,児玉義勝,長岡 利:新規抗リパーゼ鶏卵抗体による抗肥満作用,第66回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.127,2012年5月19日(仙台)
  • 田中裕真,島田昌也,長岡 利:L-CysteineはLDL受容体を活性化させる,日本農芸化学会中部支部第165回例会講演要旨集p.26,2012年10月27日(名古屋)
  • 広瀬麻衣,安藤太志,ラハマンソフィクル,梅田浩二,児玉義勝,島田昌也,長岡利:新規抗リパーゼ鶏卵抗体による抗肥満作用,日本農芸化学会中部支部第165回例会講演要旨集p.8,2012年10月27日(名古屋)
  • 黒田昌治,斉藤雄飛,重光隆成,増村威宏,長岡利,高岩文雄,内海成,丸山伸之:ダイズタンパク質を大量集積した組換えイネの作出と特性解析,2012年日本育種学会秋季大会(第122回講演会),2012年9月15日 (京都)
  • 黒田昌治,斉藤雄飛,重光隆成,増村威宏,長岡利,高岩文雄,内海成,丸山伸之:イネ種子胚乳で大量集積したダイズタンパク質の構造解析,2012年度分子生物学会,2012年12月14日(福岡)
  • 田中裕真,島田昌也,長岡 利:L-CysteineによるLDL受容体活性化機構の解析、第64回日本栄養食糧学会 中部支部大会 講演要旨集p.4,2012年12月15日(名古屋)
  • 広瀬麻衣,安藤太志,ラハマン ソフィクル,梅田浩二,児玉義勝,島田昌也,長岡利:新規抗リパーゼ鶏卵抗体は抗肥満作用を発揮する、第64回日本栄養食糧学会中部支部大会 講演要旨集p.3,2012年12月15日(名古屋)
  • Kanie, Kei, Kaga, Chiaki, Nagaoka, Satoshi, Honda, Hiroyuki, Kato, Ryuji: Enhanced screening and understanding of hypolipidemic peptides assisted by informatics, 生命情報医科学連合大会, 2012年10月14日(東京)

招待講演

  • 長岡利:脂質代謝改善作用を発揮する機能性成分研究の現状と展望,平成23年度みえ食品研究会,2012年3月2日(津)
  • 長岡利:乳成分の脂質代謝改善作用,平成24年度酪農科学シンポジウム,2012年8月17日(東京)

公開講座

  • 長岡利:健康と食品‐食品が病気を防ぐ・食品が遺伝子に働きかける‐,岐阜大学シティーカレッジ,2012年5月11日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ,食品が遺伝子に働きかける),岐阜県立各務ヶ原高校出前講義, 2012年10月24日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ,食品が遺伝子に働きかける),岐阜県私立中京高校出前講義,,2012年10月31日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),岐阜県立中津高校出前講義,2012年11月8日
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),愛知県立津島高校出前講義,2012年11月15日

 2011

原著論文

  • Ishiguro, T., Tatsunokuchi, S., Mitsui, N., Kayahara, H., Murasawa, H., Konishi, Y. & Nagaoka, S.: Cholesterol-lowering effect of Kori-tofu protein and its high-molecular-weight fraction content. Biosci. Biotechnol. Biochem. 75, 575-577 (2011)
  • 後藤 剛, 長岡 利:乳由来機能性成分のニュートリゲノミックス-脂質代謝改善ペプチドを中心に-、乳業技術、p.36-47 (2011)
  • Wakasa,Y., Tamakoshi,C., Ohno,T., Hirose, S., Goto, T., Nagaoka, S. and Takaiwa, F.: The Hypocholesterolemic Activity of Transgenic Rice Seed Accumulating Lactostatin, a Bioactive Peptide Derived from Bovine Milk β-Lactoglobulin. J.Agric.Food Chem.59, 3845-3850 (2011)
  • Takeshita,T., Okochi, M., Kato, R., Kaga, C.,Tomita, Y., Nagaoka, S. and Honda H.: Screening of peptides with a high affinity to bile acids using peptide arrays and a computational analysis. J. Biosci. Bioeng. 112, 92-97 (2011)
  • Nagaoka, S.: Ameliorative action of peptides on cholesterol and lipid metabolism from the viewpoint of peptide-lipid interactions. Chapter XV: Peptide-lipid interactions and functionalities, Food Proteins and Peptides: Chemistry, Functionality, and Commercialization, p.33-55 (2011)
  • 長岡 利:ペプチドアレイによる大豆たん白質由来の新規疎水性胆汁酸結合ペプチドの網羅解析およびin vivo での作用機構解析, 大豆たん白質研究,14, 48-52 (2011)

学会発表

  • 加島優里,兼松智,草田未央,渡邉鈴代,川島拓司,中村正,後藤剛,長岡 利:ローヤルゼリー由来Major Royal Jelly Protein 1はコレステロール代謝改善作用を発揮する,第65回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.178,2011年5月14日(東京)
  • 長岡利,高橋千奈,加藤由喜奈,小林浩子,後藤剛,大河内美奈,加藤竜司,本多裕之:ペプチドアレイによる大豆由来疎水性胆汁酸結合ペプチドの網羅解析,第65回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.178,2011年5月14日(東京)
  • 後藤剛,堀田真由香,西田典永,長友暁史,松浦洋一,長岡利:ローズヒップポリフェノール(tiliroside)の腸管における糖質代謝改善作用機構の解析,第65回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.220,2011年5月15日(東京)
  • Naoki KATO, Yoshiki AMARI, Atsushi EKYO, Cerrone CABANOS, Machiko SAWADA, Eiko OKUDA, Taro MASUDA, Masaharu KURODA, Satoshi NAGAOKA, Fumio TAKAIWA, Shigeru UTSUMI, Nobuyuki MARUYAMA: Development of transgenic rice accumulating α' subunit of soybean β-conglycinin in a low glutelin mutant of 'Koshihikari' rice variety, 3rd International Symposium on Frontiers in Agriculture Proteome Research, 2011年11月10日(筑波)
  • 森一浩,齋藤裕樹,後藤剛,長岡利:茶カテキンのLDL受容体活性化機構,日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集p.70,2011年3月27日(京都)
  • 井辰かおる,後藤剛,長岡利:ラクトスタチンの媒介する新規肝臓コレステロール分解調節系,日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集p.70,2011年3月27日(京都)
  • 井辰かおる,世古聖士,長岡 利:ラクトスタチンはHNF-3αを介してコレステロール分解系を活性化する,日本アミノ酸学会第5回学術大会講演要旨集p.72,2011年11月4日(名古屋)
  • 黒田昌治,斉藤雄飛,増村威宏,長岡利,高岩文雄,内海成,丸山伸之:ダイズタンパク質を大量集積した組換えイネの特性解析,第34回日本分子生物学会年会(講演番号1P-0815),2011年12月13日 (横浜)
  • 恵京敦史,甘利芳樹,加藤直樹,黒田昌治,長岡利,高岩文雄,内海成,丸山伸之:ラクトスタチン高コピー導入型種子貯蔵タンパク質のイネ種子における集積挙動,日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集p.141,2011年3月27日(京都)
  • 黒田昌治,斉藤雄飛,増村威宏,長岡利,高岩文雄,内海成,丸山伸之:ダイズベータコングリシニンを大量集積した組換えイネの作出,日本農芸化学会 2011年度大会講演要旨集p.141,2011年3月27日(京都)

招待講演

  • 長岡 利:ペプチド・ポリフェノ ールが拓く健康科学の新しい世界,平成23年度第7回岐阜大学ランチタイムセミナー,2011年11月15日

公開講座

  • 長岡 利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),愛知県立時習館高校出前講義,2011年10月17日

 2010

原著論文

  • Inagaki, M., Nagai, S., Yabe, T., Nagaoka, S., Minamoto, N., Takahashi, T., Matsuda, T., Nakagomi, O., Nakagomi, T., Ebina, T., Kanamaru, Y.: The bovine lactophorin C-terminal fragment and PAS6/7 were both potent in the inhibition of human rotavirus replication in cultured epithelial cells and the prevention of experimental gastroenteritis. Biosci. Biotechnol. Biochem. 74, 1386-1390 (2010)
  • Nagaoka, S., Nakamura, A., Shibata, H., Kanamaru, Y. : Soystatin (VAWWMY), a novel bile acid-binding peptide, decreased micellar solubility and inhibited cholesterol absorption in rats. Biosci.Biotechnol.Biochem. 74, 1738-1741 (2010)
  • 長岡 利: ペプチドアレイによる大豆たん白質由来胆汁酸結合ペプチドの網羅解析およびVAWWMYの効率的高機能化, 大豆たん白質研究, 13, 90-95 (2010)

著書

  • 長岡 利:機能性タンパク質・ペプチドと生体利用, 第2章 食品タンパク質由来の脂質代謝改善ペプチド, 建帛社, pp.31-50 (2010)

学会発表

  • 長岡利,見屋井大輔,高岩文雄,黒田昌治,丸山伸之,内海 成:大豆β-コング リシニンα´サブユニットはコレステロール代謝改善作用を発揮する,第63回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集p.230,2009年5月22日(徳島)
  • 若佐雄也,長岡 利,高岩文雄:血清コレステロール値低下作用を有するペプチド,ラクトスタチンを胚乳に蓄積したイネの開発,日本育種学会2010年度秋季大会講演要旨集p.94 (2010)
  • 高橋千奈,小林浩子,山下祐加,森川健正,加賀千晶,大河内美奈,加藤竜司,本多裕之,後藤 剛,長岡 利:ペプチドアレイを活用した大豆β-コングリシニン由来新規胆汁酸結合ペプチドの網羅解析,2010年度日本農芸化学会大会講演要旨集p.174,2010年3月29日(東京)
  • 窪田 静香,齋藤 裕樹,後藤 剛,長岡 利:DNAアレイによるエラグ酸の脂質代謝関連遺伝子に対する影響の網羅解析,2010年度日本農芸化学会大会講演要旨集p.174,2010年3月29日(東京)
  • 長岡 利,小塚 祐希子,長屋 由貴,金丸 義敬:レスベラトロールのアポリポタンパク質A-I遺伝子転写活性化機構,2010年度日本農芸化学会大会講演要旨集p.174,2010年3月29日(東京)
  • 森一浩,齋藤裕樹,後藤 剛,長岡 利:茶カテキンのLDL受容体活性化機構, 日本農芸化学会中部支部第159回例会講演,2010年10月30日(名古屋)
  • 井辰かおる,後藤 剛,長岡 利:ラクトスタチンの媒介する新規肝臓コレステロール分解調節系,日本農芸化学会中部支部第159回例会講演,2010年10月30日(名古屋)
  • 高橋千奈,加藤由喜奈,小林浩子,大河内美奈,加藤竜司,本多裕之,後藤 剛,長岡 利:ペプチドアレイによる大豆由来の疎水性胆汁酸結合ペプチドの網羅解析,第4回アミノ酸学会 2010年9月16日(鬼怒川)

特許

  • 長岡利,後藤剛,草田未央,加島優里,兼松智,渡邉鈴代,川島拓司,中村正胆汁酸結合剤,血清コレステロール量低下剤,および血清コレステロール量を低下させる方法,日本国特許庁特願2010-240115,2010年10月26日

招待講演

  • 長岡利:生活習慣病に有効な機能性成分の現状と展望,ライフイノベーション第1回企業交流会(NPOバイオものづくり中部,中小企業基盤整備機構主催),2010年10月6日(名古屋)
  • 長岡利:飛騨美濃伝統野菜の脂質代謝改善作用に関する研究,岐阜健康長寿・創薬推進機構,第1回異分野交流研究会,2010年10月1日(岐阜)

公開講座

  • 長岡利:新たな食品の開発,農商工連携「新事業創出塾」,岐阜県広域食品産業活性化人材養成等支援事業(経済産業省,大垣商工会議所),2010年1月30日(大垣)
  • 長岡利:健康と食品:驚異の食品(食品が病気を防ぐ、食品が遺伝子に働きかける),愛知県立豊田東高校出前講義,2010年11月1日

 2009

原著論文

  • Nakade, K., Kaneko, H. Oka, T., Ahhmed, A.M., Muguruma, M., Numata, M., Nagaoka, S.: The cattle heart protein hydrolysate ameliorates hypercholesterolemia accompanying with the suppression of cholesterol absorption in rats and Caco-2 cells. Biosci. Biotechnol. Biochem. 73, 607-612 (2009)
  • Ikeda, I., Kudo, M., Hamada, T., Nagao, K., Oshiro, Y., Kato, M., Sugawara, T., Yamahira, T., Ito, H., Tamaru, S.,Sato, M., Imaizumi, K., Nagaoka, S., Yanagita, T.: Dietary soy protein isolate and its undigested high molecular fraction upregulate hepatic ATP-binding cassette transporter G5 and ATP-binding cassette transporter G8 mRNA and increase biliary secretion of cholesterol in rats. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 55, 252-256 (2009)
  • 長岡 利:種子のバイオサイエンス(改訂版), 8. 種子成分と食品機能性,8-1-5 ダイズの生理機能性ペプチド, 学会出版センター, pp.263-265 (2009)
  • 長岡 利:機能性ペプチドの最新応用技術、第9章 コレステロール代謝改善ペプチド, シーエムシー出版, pp.86-95 (2009)
  • 長岡 利:大豆のすべて, 第5章第1節タンパク質の機能性, 6項ペプチド,6-2 コレステロール代謝改善, サイエンスフォーラム, pp.207-210 (2009)

 2008

  • Yasuda, A., Natsume, M., Sasaki, K., Baba,S., Nakamura, Y., Kanegae,M., Nagaoka, S.: Cacao procyanidins reduce plasma cholesterol and increase fecal steroid excretion in rats fed a high-cholesterol diet. BioFactors 33, 211-223 (2008)
  • 長岡 利:大豆タンパク質・ペプチド, "タンパク質とペプチド・アミノ酸の機能性"「食品機能性の科学」, 西川研次郎監, フジ・テクノシステム, pp.400-406 (2008)
  • Suido, H., Takeuchi, A., Makino, T., Tanaka, T., Nagaoka, S.: Serum Cholesterol-Lowering Effects of a Broccoli and Cabbage Mixture in Rats: Comparison with Spinach, Celery, Carrot, and Tomato. In"Functional Food and Health" edited by Shibamoto, T., ACS SYMPOSIUM SERIES 993, American Chemical Society, pp454-464 (2008)

 2007

  • Morikawa, K., Ishikawa, K., Kanamaru, Y., Hori, G., Nagaoka, S.: Effects of dipeptides having a C-terminal lysine on the cholesterol 7α-hydroxylase mRNA level in HepG2 cells. Biosci. Biotechnol. Biochem. 71, 821-825 (2007)
  • Morikawa, K., Kondo, I., Kanamaru, Y., Nagaoka, S.: A novel regulatory pathway for cholesterol degradation via lactostatin. Biochem. Biophys. Res. Commun. 352, 697-702 (2007)
  • 長岡 利:栄養・食糧学用語辞典. 日本栄養食糧学会編, 建帛社 (2007)

 2006

  • Nagaoka, S. : Cholesterol-lowering proteins and peptides. In "Neutraceutical Proteins and Peptides in Health and Disease" edited by Mine, Y. and Shahidi, F., TAYLOR & FRANCIS GROUP, pp.42-67 (2006)
  • 堀 悟郎, 山本 茂, 長岡 利:特定保健用食品としてのリン脂質結合大豆ペプチド. 脂質栄養学, 15, 63-68 (2006)
  • Nagaoka, S., Fujimura, W., Morikawa, K., Nakamura, A., Kanamaru, Y., Hori, G., Yamamoto, K., Takamura, M., Oda, M., Shin, K., Lactostatin (IIAEK) and SPHP: New Cholesterol-Lowering Peptides Derived from Food Proteins. In "Dietary Fat and Risk of Common Diseases" edited by Huang, Y.-S., American Oil Chemist's Society (AOCS) Press, pp.168-185 (2006)

 2005

  • 梶本修身, 堀 悟郎, 山元一弘, 長岡 利, 藪根光晴, 梶本佳孝:軽度および境界域の高コレステロール血症者を対象とした長期摂取におけるリン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)含有飲料の血清コレステロール 低下作用. 日本健康科学学会誌, 21, 257-267 (2005)
  • Xu, M., Sugiura, Y., Nagaoka, S., Kanamaru, Y.: IEC-6 intestinal cell death induced by bovine milk alpha-lactalbumin. Biosci. Biotechnol. Biochem., 69, 1082-1089 (2005)
  • Xu, M., Sugiura, Y., Nagaoka, S., Kanamaru, Y.: Involvement of SDS-stable higher M(r) forms of bovine normal milk alpha-lactalbumin in inducing intestinal IEC-6 cell death. Biosci. Biotechnol. Biochem., 69, 1189-1192 (2005)
  • Nagaoka, S., Shimizu, K., Kaneko, H., Shibayama, F., Morikawa, K., Kanamaru,Y., Otsuka, A., Hirahashi, T., Kato, T.: A novel protein C-phycocyanin plays a crucial role in the hypocholesterolemic action of Spirulina platensis concentrate in rats. J.Nutr., 135, 2425-2430 (2005)
  • 金丸義敬, 稲垣瑞穂, 永井さやか, 谷口千恵, 長岡 利, 源 宜之, 海老名卓三郎:ラクトフォリンはヒトロタウィルス感染を強力に阻害する. ミルクサイエンス, 54,151-154 (2005)

 2004

  • 長岡 利:高コレステロール血症を予防改善する革新的な高付加価値牛乳・乳製品開発のための基盤研究-牛乳の新しい血清コレステロール低減化ペプチドに関する研究. 畜産の情報, 12, 33-39 (2004)

 2003

  • 長岡 利、堀 悟郎、山本 茂:新しいコレステロール代謝改善素材・リン脂質結合大豆ペプチド、日本未病システム学会雑誌、 9, 34-38 (2003)
  • 堀 悟郎、保田 国伸、菅原 伸治、長岡 利、山元 一弘:リン脂質結合大豆ペプチド含有錠剤摂取がコレステロール高値者の血清コレステロールレベルに及ぼす影響、薬理と治療、 31, 571-578 (2003)
  • 堀 悟郎、柿沼俊助、長岡 利、山元一弘:リン脂質結合大豆ペプチド含有即席味噌汁摂取が血清コレステロールレベルに及ぼす影響、薬理と治療、 31, 155-161 (2003)

 2002

  • 小林民代、水道裕久、竹内 明、牧野武利、田中敏郎、長岡 利: ラットにおけるブロッコリーの血清コレステロール低減作用、日本栄養食糧学会誌、 55, 275-280 (2002)
  • Nagaoka, S., Hori, G., Yamamoto, K., Yamamoto, K., Yamamoto, S.: Improvements in cholesterol metabolism induced by soypeptides with bound phospholipids. J.Nutr. 132, 604S (2002)
  • Yamauchi, R., Ozeki, K., Shimoyamada, M., Nagaoka, S., Kato, K.: Oxidation products of α-tocopherol on the copper-initiated peroxidation of human plasma and rat serum. Proceedings of XI Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International., p.497-501 (2002)
  • Nagaoka, S., Masaoka, M., Zhang, Q., Hasegawa, M., Watanabe, K.: Egg ovomucin attenuates hypercholesterolemia in rats and inhibits cholesterol absorption in Caco-2 cells. Lipids, 37, 267-272 (2002)
  • 長岡 利:大豆成分のコレステロール代謝改善機能、健康創造研究、 1, 11-20 (2002) (総説)

 2001

  • 長岡 利:健康増進・疾病予防における植物エストロゲンの役割、食品の包装、 33, 33-44 (2001) (総説)
  • Yang, S-M., Kanamaru, Y., Shimoyamada, M., Fumiyuki, A., Nagaoka, S., Shimizu, M., Sachdev, G.P.: Human milk bile-salt-stimulated lipase is extremely reactive with the monoclonal antibody 1CF11 which recognizes a human-specific carbohydrate antigen. Biosci.Biotech.Biochem., 65, 986-989 (2001)
  • Yang, S-M., Yokoi, N., Kanamaru, Y., Takenaka, O., Atoji, Y., Bunai, Y., Ohya, I., Song, X-G., Nagaoka, S., Shimizu, M., Sachdev, G.P.: Unique occurrence of the 1CF11 carbohydrate epitope in primate saliva. Biosci.Biotech.Biochem., 65, 714-718 (2001)
  • Nagaoka, S., Futamura, Y., Miwa, K., Awano, T., Yamauchi, K., Kanamaru, Y., Kojima, T., Kuwata, T.: Identification of novel hypocholesterolemic peptides derived from bovine milk β-lactoglobulin. Biochem.Biophys.Res.Commun., 281, 11-17 (2001)
  • Hori, G., Wang, M.-F., Chan, Y.C., Komatsu, T., Wong, Y., Tzu-Hsiu Chen, T.-H., Yamamoto, K., Nagaoka, S., Yamamoto, S.: Soy protein hydrolyzate with bound phospholipids reduces serum cholesterol levels in hypercholesterolemic adult male volunteers. Biosci.Biotech.Biochem., 65, 72-78 (2001)

 2000

  • 堀 悟郎、神谷 俊一、原 孝博、山元 一弘、長岡 利、本谷 宣孝、山本茂:リン脂質結合大豆ペプチドが卵黄負荷時の成人男性の血清コレステロールレベルに及ぼす影響、日本臨床栄養学会雑誌、 22, 21-27 (2000)
  • 長岡 利:タンパク質から派生する生理活性ペプチド(吸収調節ペプチド)、 PEPTIDE NEWS LETTER JAPAN 37, 3-4 (2000) (総説)
  • Yang, S.-M, Kanamaru, Y., Ikeda, S., kaneko, T., Kuwata, T., Nagaoka, S., Shimizu, M., Sachdev, G.P.: Identification of two molecular species in human milk-derived lactoferrin, in "Lactoferrine: Structure, Function and Applications" K.Shimazaki et al., eds., Elsevier Science B.V., pp.17-25 (2000)

 1999

  • Nagaoka, S., Miwa, K., Eto, M., Kuzuya, Y., Hori, G., Yamamoto, K.: Soyprotein peptic hydrolyzate with bound phospholipids decrease micellar solubility and cholesterol absorption in rats and Caco-2 cells. J.Nutr. 129, 1725-1730 (1999)
  • Morishita, K., Yamamoto, K., Hori, G., Tanaka, M., Kamiya, S., Nagaoka , S.:Cholesterol-lowering effects of soy protein peptic hydrolyzate with bound phospholipids in rats; cross-over test, dose-response test, and comparison with materials which have cholesterol-lowering effect. J.Jap.Soc.Nutr.Food Sci. 52, 183-191 (1999)
  • Hori, G., Yamamoto, K., Morishita, K., Mukawa, S., Kamiya, S., Nagaoka, S.: Cholesterol-lowering effects of isolated soybean protein hydrolyzate with bound phospholipids in rats. J.Jap.Soc.Nutr.Food Sci. 52, 135-145 (1999)
  • Pissios, P., Kan, H.Y., Nagaoka, S., Zannis, V.I.: SREBP-1 binds to multiple sites and transactivates the human apoA-II promoter in vitro. SREBP-1 mutants defective in DNA binding or transcriptional acitvativation repress ApoA-II promoter activity. Arterioscler.Thromb.Vasc.Biol. 19, 1456-1469 (1999)

ページの先頭へ戻る