ホーム > 応用生命科学課程 > 食品生命科学コース > 教育目的

教育目的

アドミッションポリシー(入学者受入の方針):応用生命科学課程

応用生命科学課程は、化学や生物学に強い興味を持ち、人類の健康と環境の向上に係わる以下の目標の達成に強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。

a. 安全かつ安心できる食の安定供給
b. 高機能性食品の開発と健康の増進
c. 生物資源・生体成分と生命機能の利活用
d. 自然生態系および人間の生活環境の修復と保全
e. 人の健康と福祉の向上

カリキュラムポリシー(教育方針):食品生命科学コース

食品生命科学コースでは、教養基礎科目で培った知識と技能を土台にして、食品の栄養や機能性、および食品の加工や流通について系統的に学ぶ専門基礎科目および専門科目により、食品産業全般に応用できる知識と技術の習得を目的とした教育を実施し、この学修過程を通じて食に関わる科学・生命科学分野に関する理解力および、科学的・論理的思考力、コミュニケーション力、実践力を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針):食品生命科学コース

食品生命科学コースは、卒業生が食に関わる科学・生命科学を理解する知識と、社会のニーズに対応できる実践力を有し、それらを活用して人類の健康および食環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。


ページの先頭へ戻る