ホーム > 創立100周年記念事業会 > 沿革(概要)

創立100周年記念事業会

沿革(概要)

1923(大正12)年、岐阜高等農林学校の設置の勅令
農学科、林学科、農芸化学科、及び実験農場の設置

kanpo.jpg

(この画像は、該当部分の官報を切り出してWebサイト用に修正加工したものです。)

1924年4月、第1回入学式
ceremony.jpg

1944年4月、勅令により、岐阜農林専門学校と改称
entrance.jpg

1949年5月、国立学校設置法公布 岐阜大学設置。
農学科、林学科、農芸化学科、獣医学科及び農業工学科の設置
newuniv.jpg

1982年9月 柳戸キャンパス新校舎(岐阜市柳戸)に移転

1988年4月、学科再編により、生物資源生産学科、生物生産システム学科、生物資源利用学科を設置

2004年4月、国立大学法人岐阜大学設立。同時に応用生物科学部の設置(第1期生入学)
食品生命科学課程、生産環境科学課程、獣医学課程の設置
reorganization.jpg

2009年4月、鳥取大学との共同教育を行うため共同獣医学科に改組

2017年4月、大学院自然科学技術研究科の設置

現在に至る
now.jpg


ページの先頭へ戻る