ホーム理念 > 【大学院】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

【大学院】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

大学院応用生物科学研究科(修士課程)

教育理念・教育目標

  • 応用生物科学の教育と研究を通して、人類の幸福、とりわけ人類の持続的生存と生活環境の向上に貢献すること、また、生物科学・生命科学の学理と技術を生物産業に応用することを目指します。これらの目標に向けて、「食の安全と安定供給」、「自然や生活環境の修復と保全」、「高機能食品の開発と健康の増進」に関する高度専門職業人を育成するとともに、中部圏をはじめ日本の広範囲にわたる地域やアジアなどの近隣諸国で活躍できる人材を養成します。
各専攻の教育理念・教育目標
  • 応用生命科学専攻:生命現象の理解に関する教育と研究を通じてその学理と技術を健康と環境の向上に応用し、社会の発展に貢献する。

  • 生産環境科学専攻:持続可能な生物生産や人間社会を含む生態系の保全・修復に貢献することを目指す。そのため、生物生産科学と環境科学に関する学部教育を発展させ、持続的な生物生産と食料の安全・安定供給、生物資源の保全、生産基盤の保全管理、自然生態系の保全・修復に活用するための高度な専門知識と技術の習得を目的とした体系的な教育をおこなう。

教育目的

  • 本研究科では、学部において基礎となる学理や専門的スキルと実践力の教育を受けた学生を対象に、人類の持続的生存と生活環境の向上、あるいは生物科学・生命科学の学理と技術の生物産業への応用についての、一歩進んだ専門的な学理や技術を修得した高度専門職業人の養成を行います。
各専攻の教育目的
  • 応用生命科学専攻:食品・健康・環境に関する高度な知識と技術を有し,これらの分野に関連する産業で活躍できる人材並びに国内外で食品・健康・環境に関する諸問題の解決に向けて活躍できる人材を養成します。

  • 生産環境科学専攻:生物生産科学と環境科学に関わる高度な知識と技能を習得させ、持続的な生物生産および生態系の保全・修復に活用するための実践力と科学的思考力を併せ持つ人材を養成します。

アドミッションポリシー(入学者受入方針、求める学生像)

  • 応用生物科学研究科は、応用生物科学の理解を通じて人類の健康や持続的な人間社会の向上に貢献したいと考えています。そのため、生命科学や食品科学あるいは生物生産科学や環境科学に強い関心を持ち、これらの分野に関連する国内外の生物系産業界で高度専門職業人として活躍できる資質を持つ学生を受け入れます。
各専攻のアドミッションポリシー
  • 応用生命科学専攻:応用生命科学専攻は,生命現象の理解を通じて健康と環境の向上に貢献したいと考えています。そのため生命科学や食品科学に興味を持ち,将来,医薬品,化成・化粧品、食品、環境などの産業界で高度専門職業人として活躍できる資質を持つ学生を受け入れます。

    • 分子生命科学コース:分子レベルの高度な生命科学を広い視野から理解し発展させる力を持って,医薬品や化成・化粧品関連産業,あるいは発酵や環境を含めたバイオテクノロジー関連産業の分野で高度専門職業人として活躍する事を望む学生を求めます。
    • 食品生命科学コース:食品科学や食に関わる生命科学の高度な知識や技術を,広い視野から積極的に修得して,それらを発展させることができ,将来,開発・製造から流通に至る一連の食品関連産業を中心とした分野で高度専門職業人として活躍したい学生を求めます。

  • 生産環境科学専攻:生産環境科学専攻は,持続可能な生物生産や人間社会を含む生態系の保全・修復に貢献したいと考えています。そのため,生物生産科学や環境科学に強い関心を持ち,これらの分野に関連する国内外の生物系産業・行政・研究機関などで高度専門職業人として活躍できる資質を持つ学生を受け入れます。 

    • 応用植物科学コース:植物とその生産に関する広範な知識を広い視野で積極的に習得し,将来それを発展させて,植物生産に関わる産業で,高度専門職業人として研究・開発等に活躍したい学生を求めます。
    • 応用動物科学コース:動物資源の生産と保全,および人間と動物との共生に関する専門的・実践的な知識と技術を習得し,将来,動物資源の持続的な生産と保全,動物の飼養管理や機能開発,展示教育などに関連する産業分野で高度専門職業人として活躍することに強い意欲をもつ学生を受け入れます。
    • フィールド生態学コース:野生生物の生態環境に関する基礎知識の習得を通して、自然環境や生活環境の改善に貢献する意志を持ち、将来、環境保全関連の企業やサービス業、行政機関や研究機関で高度専門職業人として活躍したい学生を受け入れます。
    • 生態環境管理学コース:自然環境における生態学と環境科学に関する基礎知識の習得を通して、将来、生産環境の修復と保全に関する高度専門職業人として社会に貢献する意志をもつ学生を広く受け入れます。

 

カリキュラムポリシー(教育方針)

  • 応用生物科学に関する学部教育を基礎とし、応用生命科学や生物生産科学、環境科学に関するカリキュラムによって、高度な知識と技術を体系的に教育します。
各専攻のカリキュラムポリシー
  • 応用生命科学専攻:応用生命科学に関する学部教育を基礎とし,生体分子科学や生命機能科学について学ぶ分子生命科学コース,食品機能科学や食品管理科学について学ぶ食品生命科学コースのカリキュラムによって,医薬品関連産業や食品産業等で応用できる高度な知識と技術を体系的に学びます。

    • 分子生命科学コース:有機化学,天然物化学,生化学,微生物学に関する専門コア科目,およびそれらの発展である高度な専門科目により, 分子から細胞にいたるレベルで生命現象や機能を解明して応用する高度な知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。
    • 食品生命科学コース:食品の栄養や機能を総合的に理解する食品機能科学や,食品の品質管理や流通・加工にについて系統的に学ぶ食品管理科学を通し,食品産業全般に応用できる高度な知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。

  • 生産環境科学専攻:生物生産科学と環境科学に関する学部教育を基礎とし,持続的な生物生産と食料の安全・安定供給,生物資源の保全,生態系の保全・修復に活用するための高度な専門知識と技術の習得を目的とし,応用植物科学コース,応用動物科学コース,フィールド生態学コースおよび生態環境管理学コースにおいて体系的に教育します。

    • 応用植物科学コース:遺伝と資源,生理や栽培などに関わる植物の特性を理解し,経営等を含む植物生産に必要な領域にも対応できる能力を養い,植物関連産業全般で必要とされる高度な知識と技術を習得することを目的とした教育・研究を行います。
    • 応用動物科学コース:動物の発生,遺伝,生理,栄養,繁殖および行動をカリキュラムの共通基盤として,動物の生命・生理現象に関する学理を動物の生産,管理および保全に応用するための高度な専門知識や技術を体系的に習得することを目的とした教育・研究を行います。
    • フィールド生態学コース:生態学を共通の基盤とし、植物・動物集団の各階層における個体間や種間の相互作用を理解させ、野外生態系における実践的な環境評価技術の習得を目的とした教育・研究を行います。
    • 生態環境管理学コース:生態系に配慮した土・水環境の改善、農業水利施設や農地の保全・管理を目的とした生物・物理学的手法、農林地や農山村施設の利活用に関する計画的手法について教育・研究を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

  • 応用生物科学に関する学部教育を基礎とし、応用生命科学や生物生産科学、環境科学に関わる高度な知識と技術を習得させ、人類の健康や持続的な人間社会の向上に活用するための高度専門職業人としての科学的思考力と実践力を保証します。
専門的能力の内容 水準
・知識、技術
・科学的思考力
・実践力
・応用生命科学、生物生産化学、環境科学の高度な知識、技術を備えている。
・知識や技術を活用する科学的思考力、実践力を有し、人類の健康、持続的な人間社会の向上に活用できる。


 

各専攻のディプロマポリシー
  • 応用生命科学専攻:応用生命科学に関わる最先端の知識と技術を習得させ,人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を保証します。

    • 分子生命科学コース:分子から細胞にいたるレベルで生命科学を理解できる専門的な知識と,社会のニーズに対応できる問題解決能力を有し,それらを活用して人類の健康および環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。
    • 食品生命科学コース:食品科学および食に関わる生命科学を基盤とした専門的な知識と,社会のニーズに対応できる問題解決能力を有し,それらを人類の食環境および健康の向上に応用できる人材であることを保証します。
専門的能力の内容 水準
・応用生命科学に関わる最先端の知識と技術を理解する能力
・科学的思考力と実践力
 
分子生命科学コース:
・生命科学の専門的な知識を理解する能力
・社会のニーズに対応できる問題解決能力
 
食品生命科学コース:
・食品科学および食に関わる生命科学を基盤とした専門的な知識を理解する能力
・社会のニーズに対応できる問題解決能力

応用生命科学に関わる最先端の知識と技術を習得し、人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を備えている。
 
・分子生命科学コース:生命科学を理解できる専門的な知識と、社会のニーズに対応できる問題解決能力を有し、人類の健康および環境の向上に貢献できる。
 
・食品生命科学コース:食品科学および食に関わる生命科学を基盤とした専門的な知識と、社会のニーズに対応できる問題解決能力を有し、人類の食環境および健康の向上に応用できる。


 
 
 

  • 生産環境科学専攻:生物生産科学と環境科学に関わる高度な知識と技術を習得させ、持続的な生物生産および生態系の保全・修復に活用するための高度専門職業人としての科学的思考力と実践力を保証します。

    • 応用植物科学コース:植物生産科学に関する専門的な知識・技術を基盤とする実践力を持ち,それらを人類の生存に不可欠な持続的な食料生産などに応用し,植物生産産業で活躍できる人材であることを保証します。
    • 応用動物科学コース:応用動物科学に関わる高度な専門知識と技術を習得し,動物の生産,管理および保全に専門的・実践的に携わり,それらをより発展させるための高い問題解決能力を保証します。
    • フィールド生態学コース:植物・動物の個体レベル、個体群レベル、群集レベルでの生態学・生態系の知識と技術を習得し、環境保全に携わることのできる能力を保証します。
    • 生態環境管理学コース:農地や農業用水利施設など生産環境の修復と保全に関する知識と技術を習得し、農林地や農山村の保全と修復に携わることのできる能力を保証します。
専門的能力の内容 水準
・専門的知識・技術を習得、実践、応用する能力
・問題を発見し解決する能力
・生産環境科学専攻:高度な知識と技術を習得し、それらを持続的な生物生産および生態系の保全・修復において実践し、応用して問題を見つけ出し解決することができる。
・応用植物科学コース:植物生産科学に関する専門的な知識・技術を基盤とする実践力により、持続的な食料生産などに応用することができる。
・応用動物科学コース:応用動物科学に関わる高度な専門知識と技術を習得し、動物の生産、管理および保全に関する問題に応用することができる。
・フィールド生態学コース:植物・動物の個体レベル、個体群レベル、群集レベルでの生態学・生態系の知識と技術を習得し、環境保全活動に応用することができる。
・生態環境管理学コース:生産環境の基盤である農林地や農山村の修復と保全に関する知識と技術を習得し、実務へ応用することができる。


 


ページの先頭へ戻る