ホーム理念 > 【学部】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

【学部】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

応用生物科学部

教育理念・教育目標

応用生物科学部は、生物科学・生命科学・生物環境科学の学理を究め、それらと関連した技術を開発し、それらの成果を生物産業や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生に応用することでより良い社会を実現することを理念としています。このような理念を実現するために貢献できる人材を養成し、社会に送り出します。

教育目的

応用生物科学部は以下のような能力を養うための教育を組織的に展開し、広く生物科学・生命科学・生物環境科学や関連産業に貢献できる人材を養成します。

  • a. 技術者に求められる高い倫理観を持ち、真摯な姿勢で課題に取り組むことができる。
  • b. 変貌する社会環境に対して自ら課題を設定し、主体的に対応できる。
  • c. 社会における自分の役割を自覚し、他者と協力して取り組むことができる。
  • d. 応用生物科学の学理と技術を修得し、生物産業の発展や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生などに応用できる。
  • e. 幅広い視野・経験と広い専門的知識に基づき柔軟かつ総合的な判断ができる。
  • f. 自分の考えや判断を適切な方法で的確に表現できる。


 各課程・学科の3つの方針対応表
 応用生命科学課程 , 生産環境科学課程 , 共同獣医学科

応用生物科学部の3つの方針
卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受入の方針
(アドミッション・ポリシー)
 応用生物科学部は、生物科学・生命科学・生物環境科学の学理を究め、それらと関連した技術を開発し、それらの成果を生物産業や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生に応用することでより良い社会を実現することを理念としています。この理念を実現するため、以下の力を兼ね備え、応用生物科学に関する総合的な能力を有する者に対して学士の学位を授与します。

a.技術者に求められる高い倫理観を持ち、真摯な姿勢で課題に取り組むことができる。
b.変貌する社会環境に対して自ら課題を設定し、主体的に対応できる。
c.社会における自分の役割を自覚し、他者と協力して取り組むことができる。
d.応用生物科学の学理と技術を修得し、生物産業の発展や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生などに応用できる。
e.幅広い視野・経験と広い専門的知識に基づき柔軟かつ総合的な判断ができる。
f.自分の考えや判断を適切な方法で的確に表現できる。
 応用生物科学部ではa.「全学共通科目」、b.「教養基礎科目」、c.「専門基礎科目」及びd. 「専門科目」の4つの科目区分による体系的なカリキュラムを編成するとともにe.「卒業研究」を課し、高い倫理観と幅広い視野、柔軟性および応用生物科学の専門的能力を兼ね備えた総合的な能力を有する人材を育成します。



a.「全学共通科目」では、学士として身につけておくべき基礎知識に加えて、幅広い視野と柔軟性を育むため多様な学問分野の科目を修得させます。
b.「教養基礎科目」では、技術者に求められる倫理観を涵養するとともに、専門科目を学ぶための自然科学の基礎的素養を習得させます。
c.「専門基礎科目」では、各課程で学ぶ専門知識に必要な基礎力を習得させます。
d. 「専門科目」では、各コース教育で習得する専門知識、技能及び実践力を修得させます。
e. 「卒業研究」では、幅広い視野と専門的知識に基づく柔軟かつ総合的な判断力を養うため、個々の未解決な課題に主体的かつ真摯に取り組ませ、課題探求の過程において、専門技術者としての倫理観の熟成をはかるとともに他者との協同性を育みます。同時に、その結果を論文に取りまとめ、口頭で発表させることにより表現力を磨きます。
 応用生物科学部は、応用生物科学の学理を修得し、生物産業の発展や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生などの分野で活用することによってより良い社会を実現したいと考える学生を求めています。




このためには、大学での学修に必要な基礎知識技能思考力判断力表現力主体性多様性協同性などの資質が必要です。応用生物科学部では、これらの資質を多様な入試制度で判定し、応用生命科学課程、生産環境科学課程及び共同獣医学科の具体的な目標の達成のために強い意欲を持って学習に励む人材を受け入れます。

 

応用生物科学部の「専門的能力の要素」「達成すべき水準」「評価方法」
【専門的能力の要素】 【達成すべき水準】 【評価方法】
倫理観・誠実性 技術者に求められる高い倫理観と公正性を持ち、真摯な姿勢で課題に取り組むことができる 卒業研究の課題設定、研究内容、研究に対する姿勢
主体性 自ら課題を設定し、主体的に対応できる 卒業研究の課題設定、研究内容、研究に対する姿勢
協同性 社会における自分の役割を自覚し、他者と協力して取り組むことができる 卒業研究、実験・実習等におけるグループ行動、研究室における役割分担や協力姿勢
応用生物科学の学理と技術 基礎となる自然科学から課程・学科、コースの専門科目に至る体系的な学理と技術とを修得している 教養基礎科目、専門基礎科目、専門科目の成績
応用力・実践力 応用生物科学の学理と技術を生物産業の発展や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生などに応用できる 卒業研究の課題設定、研究内容
総合的判断力 幅広い視野・経験と広い専門的知識に基づき柔軟かつ総合的な判断ができる 卒業研究の課題設定、研究内容
表現力 自分の考えや判断を適切な方法で的確に表現できる 卒業論文における文章や図表等による表現、口頭による卒業論文発表

 

応用生物科学部のアドミッション・ポリシーと入試制度

 応用生物科学部は、応用生物科学の学理を修得し、生物産業の発展や持続可能な生物生産、人間を含む生態系の保全およびヒトと動物との共生などの分野で活用することによってより良い社会を実現したいと考える学生を求めています
 このためには、大学での学修に必要な基礎知識技能思考力判断力表現力主体性多様性協同性など資質が必要です。応用生物科学部では、これらの資質を多様な入試で判定し、応用生命科学課程、生産環境科学課程及び共同獣医学科の具体的な目標の達成のために強い意欲を持って学習に励む人材を受け入れます。

 

選抜方法 入試区分 知識・技能 思考力・判断力 表現力 主体性・多様性・協同性
応用生物科学の学理の理解に必要な基礎能力 科学的な思考、科学的な根拠に基づいた適切な判断 相手の意見に耳を傾け、自分の考えを的確に伝える 課題に対する知的好奇心、独創的な取り組み、他者との協調性
センター試験 前期
後期*
推薦II
個別学力試験 前期
後期*
面接 推薦I*
推薦II
3年次編入*
小論文 推薦I*
推薦II
3年次編入*
調査書 推薦I*
推薦II
3年次編入*

 後期*,推薦I*,3年次編入*については、共同獣医学科では実施しない。

 

各課程(コース)・学科の3つの方針への対応

応用生命科学課程の3つの方針対応表
卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受入の方針
(アドミッション・ポリシー)
 応用生命科学課程は、応用生物科学部の卒業認定、学位授与方針に掲げる能力に加え、応用生命科学に関わる専門的知識と技術を習得し、人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を身につけた人材であることを保証します。  応用生命科学課程では、化学、生物学、有機化学、生化学、微生物学などを共通の基盤とし、微生物から動植物に至る生命の仕組みや現象について分子と細胞レベルで理解し、多様な生命現象を食品や医薬化成品の開発や製造に活用するための知識、技術及び実践力を分子生命科学コースあるいは食品生命科学コースの専門科目において体系的に習得します。  応用生命科学課程は、化学や生物学に強い興味を持ち、人類の健康と環境の向上に係わる以下の目標の達成に強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。

a. 安全かつ安心できる食の安定供給
b. 高機能性食品の開発と健康の増進
c. 生物資源・生体成分と生命機能の利活用
d. 自然生態系および人間の生活環境の修復と保全
e. 人の健康と福祉の向上

 

コース 卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)
分子生命科学  分子生命科学コースは、卒業生が分子から細胞にいたるレベルで生命科学を理解する知識と、社会のニーズに対応できる実践力を有し、それらを活用して人類の健康および環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。  分子生命科学コースでは、教養基礎科目で培った知識と技能を土台にして、有機化学、天然物化学、生化学、微生物学に関する専門基礎科目および専門科目により、分子から細胞にいたるレベルで生命現象や生物機能を解明して応用する知識と技術の習得を目的とした教育を実施し、この学修過程を通じて分子生命科学分野に関する理解力および、科学的・論理的思考力、コミュニケーション力、実践力を養成します。
食品生命科学  食品生命科学コースは、卒業生が食に関わる科学・生命科学を理解する知識と、社会のニーズに対応できる実践力を有し、それらを活用して人類の健康および食環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。  食品生命科学コースでは、教養基礎科目で培った知識と技能を土台にして、食品の栄養や機能性、および食品の加工や流通について系統的に学ぶ専門基礎科目および専門科目により、食品産業全般に応用できる知識と技術の習得を目的とした教育を実施し、この学修過程を通じて食に関わる科学・生命科学分野に関する理解力および、科学的・論理的思考力、コミュニケーション力、実践力を養成します。


 応用生物科学課程の「専門的能力の要素」「達成すべき水準」「評価方法」

コース 【専門的能力の要素】 【達成すべき水準】 【評価方法】
分子生命科学 1.専門的知識 生命現象や生物機能を分子から細胞にいたるレベルで理解できる 専門基礎科目、専門科目の成績
2.専門的技能 分子生命科学に関する実験技術を有し、且つ、分子生命科学の理解に必要な情報を収集し、それらを活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的・論理的思考 分子生命科学について多角的な視点から思考し、議論できる 卒業研究の課題設定、研究内容
食品生命科学 1.専門的知識 食品の栄養・機能性および食品の開発・製造・消費に関して体系的に理解できる 専門基礎科目、専門科目の成績
2.専門的技能 食品生命科学に関する実験技術を有し、且つ、食品生命科学の理解に必要な情報を収集し、それらを活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的・論理的思考 食品生命科学について多角的な視点から思考し、議論できる 卒業研究の課題設定、研究内容



 

生産環境科学課程の3つの方針対応表
卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受入の方針
(アドミッション・ポリシー)
 生産環境科学課程は、応用生物科学部の卒業認定、学位授与方針に掲げる能力、とりわけ生物科学や生物環境科学を共通の基盤とし、応用植物科学、応用動物科学および環境生態科学のいずれかにおいて体系的な専門知識と技術を修得し、自然と共生した人類の持続的生存、生物資源生産や環境管理の諸分野で活用するための科学的思考力と実践力を有する人材であること保証します。  生産環境科学課程では、生物の生理学、生態学、遺伝学および生物生産科学、生物環境科学などを共通の基盤とし、生物生産と環境保全に活用するための専門知識と技術および科学的思考力と実践力を応用植物科学コース、応用動物科学コースあるいは環境生態科学コースの専門科目において体系的に習得します。  生産環境科学課程は、生物、環境、農林業に強い興味を持ち、将来、自然と共生した人類の持続的生存、生物資源生産や環境管理に係わる以下の目標の達成に強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。

a. 持続可能な植物生産
b. 安全な食料の安定供給
c. 産業動物や展示動物などの生産、管理および保全
d. 生物生産環境や生態系の保全・修復

 

コース 卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー) 教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)
応用植物科学  応用植物科学コースは、遺伝子から細胞、個体、群集レベルに至る幅広い視点で植物の成長・生存を総合的に理解できる体系的な植物科学的知識を有するとともに、植物生産に関する専門知識と基盤となる技術を習得して持続可能な植物生産と安全な食料の安定供給に貢献できる能力を持った人材であることを保証します。  応用植物科学コースでは、持続可能な植物生産と安全な食料の安定供給に関する知識と技術を身につけるため、植物生理、遺伝、育種、植物保護、農業経済および植物生産技術に関する講義、実験実習、演習を体系的に編成し、各研究分野の分担・連携の下で教育を実施します。
応用動物科学  応用動物科学コースは、動物の生命科学・生産科学・保全科学について総合的に理解できる体系的な知識を有するとともに、主に産業動物や展示動物などの生産・管理および保全に携わることができる知識と技術および実践力を身につけた人材であることを保証します。  応用動物科学コースでは、産業動物や展示動物などの生産、管理および保全に関する知識と技術を身につけるため、動物の発生・遺伝・栄養・繁殖および行動学をカリキュラムの基盤として、動物の生命・生理現象に関する講義、実験実習、演習を体系的に編成し、それを能動的に習得することを目的とした教育を、各研究分野の分担・連携の下で実施します。
環境生態科学  環境生態科学コースは、地域やコミュニティを取り巻く生物生産環境や自然環境、およびその中で育まれる生態系を含む幅広い視点で地域環境を総合的に理解できる体系的な知識を有するとともに、生態学と地域環境工学に関する基盤的技術と実践的能力を習得して、生物生産環境や生態系の保全・修復および関連する技術開発に貢献できる技能を持った人材であることを保証します。  環境生態科学コースでは、生態学と地域環境工学に関する知識と技術を身につけるため、動植物の形態と分類、機能生態、植物保護、応用生態、生態系と環境の管理、土壌と土質、水利と水文と水理、環境施設工学、測量と製図に関する講義、実験実習、演習を体系的に編成し、生物生産環境や生態系の保全・修復および関連する技術開発に応用するための科学的思考力と実践力の習得を目的として、各研究分野の分担・連携の下で教育を実施します。


 生産環境科学課程の「専門的能力の要素」「達成すべき水準」「評価方法」

コース 【専門的能力の要素】 【達成すべき水準】 【評価方法】
応用植物科学 1.専門的知識 植物科学の学理および植物生産と農業に関する専門的知識を結びつけ体系的に理解している 専門基礎科目、専門科目の成績
2.専門的技能 植物科学に関する実験技術を有するとともに、植物の生産・管理と農業に関する基盤的な技術を習得し、それらを活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的思考力・実践力 応用植物科学の専門的知識と技能とを活用して持続可能な植物生産と安全な食料の安定供給に関する課題を解決することができる 卒業研究の課題設定、研究内容
応用動物科学 1.専門的知識 動物の生命・生理現象に関する専門的知識と産業動物や展示動物などの生産、管理および保全に応用するための知識とを結びつけ体系的に理解している 専門基礎科目、専門科目の成績
2.専門的技能 応用動物科学に関する基盤的技術を有するとともに、動物の生産、管理、保全に関する応用的技術を習得し、それらを活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的・論理的思考 応用動物科学の専門的知識と技能とを活用して動物の生産・管理・保全などに関する課題について多角的な視点から議論し、提言することができる 卒業研究の課題設定、研究内容
環境生態科学 1.専門的知識 生態学を中心とした生物科学、生物環境科学、環境工学などの基盤となる専門知識と生態系の保全、管理、修復などに応用するための専門的知識とを結びつけ体系的に理解している 専門基礎科目、専門科目の成績
2.専門的技能 生物科学、生物環境科学、環境工学に関する専門的知識と生態系の保全、管理、修復などに応用するための基盤技術とを習得し、それらを活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的・論理的思考 生物科学、生物環境科学、環境工学に関する専門的知識と技能とを活用して生態系の保全、管理、修復などに関する課題を探求することができる 卒業研究の課題設定、研究内容



 

共同獣医学科の3つの方針対応表
卒業認定・学位授与の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受入の方針
(アドミッション・ポリシー)
 岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科に6年以上在学し、卒業に必要な単位を修得することが、学位授与の要件です。また、これにより獣医師国家試験の受験資格が与えられます。共同獣医学科の課程を修了することにより、以下に掲げる能力を身につけた人材であることを保証します。

a. 伴侶動物、産業動物、実験動物、野生動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を有する人材
b. 口蹄疫のような大規模家畜伝染病の突発的な発生などに際しても対応できる問題解決能力を有する人材
c. 未知の疾患や難治疾患に接した際などにも対応策を探し出すことができる科学的・論理的思考力を有する人材
d. 災害などに際して動物の健康維持のみならず公衆衛生業務にも迅速に携わることができる実践的行動力を有する人材
e. コミュニケーションスキルが高く、動物の所有者との信頼構築や衛生行政の円滑な遂行などに必要な社会性と獣医学関連海外事情を積極的に収集できる国際性に優れた人材
f. 食の安全・安心や家畜感染症および人獣共通感染症などのリスクマネジメント能力を有する人材
g. 国際獣疫事務局(OIE)のミニマム・コンピテンシーに記載されている多様化、高度化、国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応し、公共獣医事(Veterinary Service)を担うことができる人材
 動物の健康の増進、公衆衛生の向上、人間社会や環境における健全性の維持に貢献できる、あらゆる命の専門家の育成が教育上の理念です。そのため、日本だけでなく国際社会をリードする者に不可欠な教養教育を基盤に、動物に関わる総合的・実践的かつ高度な獣医学教育を展開します。

a. 一般教養科目
人として、さらに獣医師として必要な自然科学の基盤、社会的規範および国際性など、多様な領域について学問的関心を持ち、幅広い総合的な判断力を培い、かつ豊かな人間性を涵養することを目的とする教育を実施します。また、獣医学専門教育を開始する準備として、少人数を対象とした個別指導教育の実施や獣医学の多様性と獣医師の社会的役割を概説します。

b. 専門教育科目
斉一教育科目群と専修教育科目群から構成されます。前者は、獣医学モデル・コア・カリキュラムに準拠した科目から成り、多様化する獣医師の職務を遂行する上で必要な知識・技能に関する教育を実施します。専修教育科目群は、実践的体験学習(インターンシップ)、卒業研究およびアドバンス科目(選択科目)等から成り、問題解決力、課題探求力、論理的思考力、プレゼンテーション能力、英語活用能力および実践的行動力を養います。
 岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科では、動物、人間社会、環境の健全性の維持に貢献し、多様化、高度化、国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応できる獣医師の養成を目指しています。そのため、以下に掲げる意欲を持つ人材を求めます。


a. 高度な獣医学教育に対応し得る高い総合的学力を備えている者
b. 国際性及び科学的・論理的思考の習得に必要な基礎的な語学力と理系の知識を備えている者
c. 自然や生命に強い興味を持ち,それを探求する意欲を持つ者
d. 獣医学に関わる高い倫理観と使命感,コミュニケーション能力を備える者
e. 獣医師としての目的意識を持ち,獣医学を通じて社会の発展に貢献する意欲を持つ者
f. 公衆衛生や環境衛生,動物の病気の診断・治療等の幅広い分野について強い意識を持って学習に励む者
g. 国際交流に積極的に関わり,獣医師として世界に貢献する意欲を持つ者


 共同獣医学科の「専門的能力の要素」「達成すべき水準」「評価方法」

【専門的能力の要素】 【達成すべき水準】 【評価方法】
1.専門的知識・技能の活用能力 動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を活用できる 専門基礎科目、専門科目の成績
2.問題解決能力 突発的に発生する問題に際しても解決できる 専門基礎科目、専門科目の成績
卒業研究の課題設定、研究内容
3.科学的・論理的思考能力 難解な問題に接した際にも科学的・論理的に思考・対応できる 卒業研究の課題設定、研究内容
4.実践的行動能力 動物の健康維持のみならず、公衆衛生業務にも迅速に行動できる 卒業研究およびアドバンス科目
5.コミュニケーション能力 社会性、国際性に優れ、動物の所有者との信頼構築、衛生行政の円滑な遂行、獣医学関連海外事情を積極的に収集できる 専門基礎科目、専門科目の実習・演習の成績
卒業研究
6.リスクマネジメント能力 食の安全・安心、家畜感染症、人獣共通感染症などにおいて危機回避できる 卒業研究およびアドバンス科目
7.社会的要請への対応能力 多様化、高度化、国際化する獣医学に対する社会的要請に対応できる 卒業研究およびアドバンス科目

ページの先頭へ戻る