ホーム > 家畜衛生地域連携教育研究センター

家畜衛生地域連携教育研究センター

 当センターは、岐阜県と連携し家畜衛生教育と研究を推進することを目的とし、2015年4月に設置されました。
 2017年6月には岐阜大学キャンパス内に岐阜県中央家畜保健衛生所・高度病性鑑定センターが移転し、その3階にはGeFAHの実習室、研究室、解析室が入り、連携が強化されました。

 GeFAHは、以下の2つの部門により構成されます。
○家畜感染症対策部門
○家畜飼養衛生管理部門

 岐阜県との連携による講義や体験型実習を通じて家畜衛生学関連教育を充実させ産業動物に興味を持つ学生を増やし、共同研究の推進を通じて家畜衛生レベルを向上させ、地域に貢献すること、さらには日本の畜産業と産業動物関連獣医師への貢献を目指します。


 

家畜衛生ハンドブック - 豚抗酸菌症と家畜の原虫症について -


家畜衛生ハンドブック
 このハンドブックは、平成28-29年度JRA畜産振興事業「家畜慢性感染症の循環実証に基づく対策強化事業」の一環として作成したものです。
上の画像をクリックするとPDFファイルを開くことができます。
 ダウンロードしてご活用下さい。転載・複製する場合には家畜衛生地域連携教育研究センターまでお知らせ下さい。


ページの先頭へ戻る