ホーム > 獣医病理学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > 第161回日本獣医学会にて,栗原拓巳君が発表しました。

獣医病理学研究室

新着情報

掲載日: 2018年9月27日

第161回日本獣医学会にて,栗原拓巳君が発表しました。

9月11-13日につくば市で開催された第161回日本獣医学会にて,5年生の「たくご主人様」こと,栗原拓巳君が発表しました。タイトルは「粘液が貯留する腺腔形成を特徴とする犬のアポクリン腺筋上皮腫8 例の病理組織学的特徴」です。帰りは秋葉原で,「研修および反省会」を行った後,帰路につきました。学会での発表は,そのあとの反省会も大切だなと思った学会でした。残念ながら,写真を撮るのを忘れました。栗原君ごめんなさい。

「研修および反省会」で提供された食事です。


ページの先頭へ戻る