ホーム > 共同獣医学科



詳しくは、岐阜大学・鳥取大学提供の共同獣医学科のWebサイトをご覧ください。

共同獣医学科

獣医学は、動物の病気の診断、治療及び予防を行うことにより、牛、豚、鶏などの産業動物や犬、猫などの伴侶動物の健康を保つという重要な使命を持っています。また、動物から人に伝播する人獣共通感染症の予防、食品衛生及び環境衛生を通じて人の健康増進にも深い関わりをもち、広くは生命科学の研究と発展に寄与しています。

共同獣医学科では鳥取大学農学部と共同で、より高度な獣医学教育を行います。動物の病気の発生原因、診断および治療に関する知識や技術の習得に加え、両大学での合宿式授業により体験学習や、動物倫理やプレゼンテーション能力を養う少人数での基盤教育をはじめ、両大学を結ぶ遠隔講義システムによる授業等、これまでにはない発展的な教育が用意されています。(岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科Webサイト

附属動物病院

附属動物病院:内科・外科・腫瘍科・神経科・麻酔科・臨床繁殖科

附属野生動物管理学研究センター

附属野生動物管理学研究センター:岐阜県環境生活部との協定書に基づく、官学連携融合事業施設

附属比較がんセンター

附属比較がんセンター:難治性がんの疫学・病態、治療法の開発、比較臨床試験

共同獣医学教育開発推進センター

共同獣医学教育開発推進センター:共同獣医学教育の推進

旧Webサイト

平成24年4月までの入学者の方および平成24年度までに実施の編入学試験により入学された方、獣医学課程Webサイト


ページの先頭へ戻る