ホーム > 生体分子機能学研究室

生体分子機能学研究室

生体分子機能学研究室は、血圧調節系レニン・アンジオテンシン系の生体調節機構(海老原グループ)や、呼吸鎖末端タンパク質であるシトクロム酸化酵素の反応機構(島田グループ)について原子レベルで理解することで、医療や創薬へとつなげるための様々な研究テーマに取り組んでいます。




ページの先頭へ戻る