ホーム高校生、受験生の方教員インタビュー > 共同獣医学科(旧獣医学課程)村瀬哲磨教授

共同獣医学科(旧獣医学課程)村瀬哲磨教授

共同獣医学科(旧獣医学課程)村瀬哲磨教授(愛知県出身)

活躍の場は自分次第。
村瀬哲磨教授 共同獣医学科では様々な分野から構成される獣医学を学びます。獣医学の中では、獣医師免許を取得するための基礎知識や技術を学ぶとともに、卒業論文を通してそのような知識・技術を改革し向上させるための研究(これによって獣医学 が日々進歩しています)の一端に触れます。これまでに出来上がっている物事を覚えることと(膨大な量ですが)、これまでにない物を作るという2つのことを 通して立派な獣医師となってほしいと思います。  
 

現在もっとも関心のある研究テーマについて教えてください。
ウシの心音に神経を集中

私の担当する分野は獣医臨床繁殖学といい、家畜の繁殖の管理とその病気を治療する事を目的としています(獣医臨床繁殖学研究室)。

動物の不妊症を分子の面から解明して新しい診断方法を開発したり、新しい治療方法を見つけるための研究に興味を持っています。

この分野を目指すきっかけを教えて下さい。
  

まずなぜ獣医を目指そうと思ったかですが、それは将来自分で牧場を持ち牛を飼って、また、獣医師となって自分で自分の牛が病気になったら治療したいという夢を持っていたからです。

次に、なぜ今の分野(獣医臨床繁殖学)を目指したかについてです が、いろいろ理由がありましたが、最も大きい理由は、動物(特に、ヒトのために飼育している動物・家畜)は繁殖(生産)しなければわれわれは恩恵を被ることはできないので、この点において繁殖学という分野の重要性を見出したからです。

村瀬先生のブラッシングにご満悦なウマ
大学の教員になっていなかったら、どんな職業を選んでいたと思いますか?
ポニーの様子を見る村瀬先生

何かクリエイティブな仕事についていたと思います。例えばずっと小さい頃は陶芸家になりたいと思った事がありました。

受験生に一言お願いします。
  

皆さんは獣医さんというと病院でワンちゃんネコちゃんを治療してくれる存在を思い浮かべられるかもしれませんが、実際にはもっと広い範囲の職業に獣医師は就いています。

たとえば食の安全を守る獣医師、乳牛、肉牛や競争馬を診療する獣医師、薬品を開発する獣医師、動物の伝染病を防ぐ獣医師、研究する獣医師など。。。。。

様々な分野での活躍が期待される獣医学をぜひ学びに来てください。

想いを語る村瀬先生

→村瀬哲磨教授の所属する共同獣医学科(旧獣医学課程)


ページの先頭へ戻る