ホーム理念 > 【学部】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

【学部】教育理念・教育目標・教育目的、アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

応用生物科学部

教育理念・教育目標

応用生物科学部は、生物科学・生命科学の学理を究明し、それらと関連した技術を開発し、それらの成果を生物産業に応用することでより良い社会を実現することを目指しています。このような目標の達成に貢献できる人材を養成し、社会に送り出します。

教育目的

応用生物科学部は以下のような能力を養うための教育を組織的に展開し、広く生物科学・生命科学や関連産業に貢献できる人材を養成します。

  • a. 生物科学・生命科学の学理を究明する力
  • b. 変貌する社会環境に対して主体的に対応する力
  • c. 変貌する社会において自ら将来の課題を設定する力
  • d. 幅広い視野・経験と広い専門的知識に基づき柔軟かつ総合的な判断を自ら下す力
各課程・学科の教育目的
応用生命科学課程
  • 応用生命科学課程は、生物系有用物質の探索・設計・ 合成,生物機能を利用した有用物質の生産および環境修復、機能性食品の開発、食品の安全性確保、食品製造技術の向上など、食・健康・環境に関連する分野で活躍できる人材を養成します。
生産環境科学課程
  • 生産環境科学課程は、分子から生態系までの生物学の幅広い階層とそれを取り巻く環境についての学理を教育します。それによって、植物・動物・微生物の機能開発、生物の保全、生物生産技術の開発、生態システムの分析、農地・森林・流域の管理手法の構築など「生物生産」と「環境保全」に関する専門能力を持った人材を養成します。
共同獣医学科
  • 共同獣医学科では、小動物および産業動物の診療、家畜衛生および公衆衛生、さらに野生動物保護管理、基礎医学など多岐に渡る獣医師の職務を遂行するために必要な基本的知識・技術を身につけ、国民生活の安全を保障する実践的能力およびグローバル化する国際社会への対応能力を備えた人材を養成します。

アドミッションポリシー(入学者受入方針、求める学生像)

応用生物科学部は、基礎学力、応用力、論理的思考能力、協調性、自主性、国際性、学習意欲などを判定する、多様な入試制度により入学者を選抜し、以下の目標の達成に強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。

  • a. 安全かつ安心できる食の安定供給
  • b. 高機能性食品の開発と健康の増進
  • c. 生物資源・生体成分と生命機能の利活用
  • d. 環境と調和した食料生産
  • e. 自然生態系および人間の生活環境の修復と保全
  • f. 人と動物の健康と福祉の向上

カリキュラムポリシー(教育方針)

応用生物科学部では,基礎学力と社会通念に裏付けられた応用生物科学を以下の4つの科目区分により習得します。

  • a. 学士として身につけておくべき教養の素養を習得する「全学共通科目」
  • b. 応用生物科学の素養を習得する「教養基礎科目」
  • c. 各課程で学ぶための素養を習得する「専門基礎科目」
  • d. 各コース教育で習得する専門性を培う「専門科目」

ただし、共同獣医学科では、「全学共通科目」および「教養基礎科目」は「一般教養科目」に、「専門基礎科目」は「専門科目」に含まれています。

応用生命科学課程
  • 応用生命科学課程では、化学、生物学、有機化学、生化学、微生物学などを共通の基盤とし、微生物から動植物に至る生命の仕組みや現象について分子と細胞レベルで理解し、多様な生命現象を食品や医薬化成品の開発や製造に活用するための知識や技術を体系的に習得します。
    • 分子生命科学コースでは、有機化学、天然物化学、生化学、微生物学に関する専門基礎科目および専門科目により、分子から細胞にいたるレベルで生命現象や生物機能を解明して応用する知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。
    • 食品生命科学コースでは,食品の栄養や機能を総合的に理解する科目や,食品の品質管理や流通・加工について系統的に学ぶ科目に関する専門基礎科目および専門科目により,食品産業全般に応用できる知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。

応用生命科学課程カリキュラムマップ


生産環境科学課程
  • 生産環境科学課程では、生物の生理、生態、遺伝および生物生産科学、生物環境科学などを共通の基盤とし、生物生産と環境保全に活用するための専門知識と技術を習得します。
    • 応用植物科学コースでは、「持続可能な植物生産」と「食料の安全安定供給」に関する知識と技能を身につけるため,植物生理,遺伝,育種,植物保護,農業経済,植物生産技術に関する講義・実験実習・演習を体系的に編成し各研究分野の分担・連携の元で教育を実施します。
    • 応用動物科学コースでは、動物の発生・遺伝・栄養・繁殖および行動学をカリキュラムの基盤として、動物の生命・生理現象に関する学理を、主に産業動物や展示動物などの生産、管理および保全に応用するための知識や技術を習得することを目的とした教育を行います。
    • 環境生態科学コースでは、生態学と地域環境工学を基礎として、農地・森林・流域を含む環境や生態系の管理・保全・修復に関わる技術と知識の習得を目指した教育を行います。

生産環境科学課程カリキュラムマップ


共同獣医学科
  • 動物の健康の増進、公衆衛生の向上、人間社会や環境における健全性の維持に貢献できる、あらゆる命の専門家の育成が教育上の理念です。そのため、日本だけでなく国際社会をリードする者に不可欠な教養教育を基盤に、動物に関わる総合的・実践的かつ高度な獣医学教育を展開します。
    • a. 一般教養科目
      人として、さらに獣医師として必要な自然科学の基盤、社会的規範および国際性など、多様な領域について学問的関心を持ち、幅広い総合的な判断力を培い、かつ豊かな人間性を涵養することを目的とする教育を実施します。また、獣医学専門教育を開始する準備として、少人数を対象とした個別指導教育の実施や獣医学の多様性と獣医師の社会的役割を概説します。
    • b. 専門教育科目
      斉一教育科目群と専修教育科目群から構成されます。前者は、獣医学モデル・コア・カリキュラムに準拠した科目から成り、多様化する獣医師の職務を遂行する上で必要な知識・技能に関する教育を実施します。専修教育科目群は、実践的体験学習(インターンシップ)、卒業研究およびアドバンス科目(選択科目)等から成り、問題解決力、課題探求力、論理的思考力、プレゼンテーション能力、英語活用能力および実践的行動力を養います。

獣医学課程カリキュラムマップ

共同獣医学科カリキュラムマップ(未掲載)

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

応用生物科学部は、以下の5つの素養・力を兼ね備え、「教育理念・教育目標」で掲げられた目標を達成できる総合的な能力を備えている者に対して学士の学位を授与します。

  • a. 大学人たるリテラシー(広義)
  • b. 一般的な社会通念
  • c. 農学系科学における通念
  • d. 応用生物科学の学術スキル
  • e. 応用生物科学における実践力
専門的能力の内容 水準
a. 学士たるリテラシー(広義)
b. 一般的な社会通念
c. 農学系科学における通念
d. 応用生物科学の学術スキル
e. 応用生物科学における実践力
・基盤的能力(「3つの力」、「9つの要素」)を修得している。
・社会における技術者倫理を理解し、対人関係を築き、行動できる。
・自然科学の基礎知識を習得し、生物産業に応用することができる。
・食品安全の重要性を理解し、科学的な思考能力に基づいて、問題を解決できる。
・応用生物科学に関する高度な技術と体系的な知識を習得し、科学的な思考に基づく論理的な判断能力を持つ。
・職業人として生物産業に貢献するための主体的実践能力とすぐれた発表能力を有する。
・国際語としての英語コミュニケーション能力を有し、とりわけアジア諸国との相互理解ができる国際感覚を有する。

  

応用生命科学課程
  • 応用生命科学課程は,応用生命科学に関わる知識と技術を習得させ、人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を保証します。
    • 分子生命科学コースは,分子から細胞にいたるレベルで生命科学を理解する知識と,社会のニーズに対応できる実践力を有し,それらを活用して人類の健康および環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。
    • 食品生命科学コースは,食品科学および食に関わる生命科学を理解する知識と,社会のニーズに対応できる実践力を有し,それらを活用して人類の食環境および健康の向上に貢献できる人材であることを保証します。
専門的能力の内容 水準
・応用生命科学に関わる知識と技術を理解する能力
・科学的思考力と実践力
 
・分子生命科学コース:
・生命科学の知識と技術を理解する能力
・社会のニーズに対応できる実践力
 
・食品生命科学コース:
・食品科学および食に関わる生命科学を理解する能力
・社会のニーズに対応できる実践力
・応用生命科学に関わる知識と技術を習得し、人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を備えている。
 
・分子生命科学コース:生命科学を理解する知識と社会のニーズに対応できる実践力を有し、人類の健康および環境の向上に貢献できる。
 
・食品生命科学コース:食品科学および食に関わる生命科学を理解する知識と、社会のニーズに対応できる実践力を有し、人類の食環境および健康の向上に貢献できる。


 
 


生産環境科学課程
  • 生産環境科学課程は、持続的な生物資源生産や環境管理に必要な科学的思考力と専門知識および技術を併せ持ち、植物生産、動物生産および環境保全の諸分野で活用するための実践力を保証します。
    • 応用植物科学コースは、植物科学に関して,遺伝子から細胞・個体・生態系までを体系的に理解する能力を持つとともに,食料生産および環境問題に関する専門知識と高度な技術を習得して持続可能な植物生産と食料の安全安定供給に携わることができる視野の広い人材であることを保証します。
    • 応用動物科学コースは、動物の生命科学・生産科学・保全科学について体系的かつ統合的に理解する能力を持つとともに,主に産業動物や展示動物などの生産・管理および保全に携わることができる知識と技術を身につけた人材であることを保証します。
    • 環境生態科学コースは、人間を取り巻く環境や生態系を総合的に捉える能力を持つとともに、生物生産および環境保全・修復の実施と関連する技術開発に携わることのできる知識と技術を身につけた人材であることを保証します。
専門的能力の内容 水準
・専門知識および技術を活用する実践力
・体系的かつ統合的に理解する能力

・生産環境科学課程:持続的な生物資源生産や環境管理に必要な科学的思考力、専門知識および技術を植物生産、動物生産および環境保全の諸分野で活用できる
・応用植物科学コース:植物科学に関して、遺伝子から細胞・個体・生態系までを体系的に理解し、食料生産および環境問題に関する専門知識と高度な技術を習得して、持続可能な植物生産と食料の安全安定供給に活用することができる。
・応用動物科学コース:動物の生命科学・生産科学・保全科学について体系的かつ統合的に理解し、専門知識および技術を産業動物や展示動物などの生産・管理および保全に活用することができる。
・環境生態科学コース:人間を取り巻く環境や生態系を総合的に捉え、専門知識および技術を生物生産および環境保全・修復の実施と関連する技術開発に活用することができる。


 


共同獣医学科
  • 岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科に6年以上在学し、卒業に必要な単位を修得することが、学位授与の要件です。また、これにより獣医師国家試験の受験資格が与えられます。共同獣医学科の課程を修了することにより、以下に掲げる能力を身につけた人材の輩出を目指します。
    • a. 伴侶動物、産業動物、実験動物、野生動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を有する人材
    • b. 口蹄疫のような大規模家畜伝染病の突発的な発生などに際しても対応できる問題解決能力を有する人材
    • c. 未知の疾患や難治疾患に接した際などにも対応策を探し出すことができる科学的・論理的思考力を有する人材
    • d. 災害などに際して動物の健康維持のみならず公衆衛生業務にも迅速に携わることができる実践的行動力を有する人材
    • e. コミュニケーションスキルが高く、動物の所有者との信頼構築や衛生行政の円滑な遂行などに必要な社会性と獣医学関連海外事情を積極的に収集できる国際性に優れた人材
    • f. 食の安全・安心や家畜感染症および人獣共通感染症などのリスクマネジメント能力を有する人材
    • g. 国際獣疫事務局(OIE)のミニマム・コンピテンシーに記載されている多様化、高度化、国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応し、公共獣医事(Veterinary Service)を担うことができる人材
専門的能力の内容 水準
・専門的知識・技能の活用能力
・問題解決能力
・科学的・論理的思考能力
・実践的行動能力
・コミュニケーション能力
・リスクマネジメント能力
・社会的要請への対応能力
・動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を活用できる。
・突発的に発生する問題に際しても解決できる。
・難解な問題に接した際にも科学的・論理的に思考・対応できる。
・動物の健康維持のみならず、公衆衛生業務にも迅速に行動できる。
・社会性、国際性に優れ、動物の所有者との信頼構築、衛生行政の円滑な遂行、獣医学関連海外事情を積極的に収集できる。
・食の安全・安心、家畜感染症、人獣共通感染症などにおいて危機回避できる。
・多様化、高度化、国際化する獣医学に対する社会的要請に対応できる。


 
 


 

ポリシー内の受験科目等については、最新の岐阜大学案内・入学者選抜募集要項等による印刷発行物で、ご確認ください。

一般選抜入学者

前期日程試験
  • 全般的学力の高い学生を選抜する入試ですので、幅広く学習をしてきた者を対象としています。大学入試センター試験と個別学力検査を課し、理数系に秀でた者を求めています。
後期日程試験
  • 応用生命科学課程および生産環境科学課程で実施しています。全般的に学力の高い学生を選抜する入試ですので、幅広く学習をしてきた者を対象とし、特に理科についての関心・学力を備えた者を求めています。大学入試センター試験と個別学力検査により評価します。個別学力検査では理科1科目を課し、応用生物科学の基礎となる理科に関する学力を判定します。

特別選抜入学者

推薦入学I 特別選抜(大学入試センター試験を課さない選抜)
  • (専門・総合学科枠)
    • 応用生命科学課程および生産環境科学課程で実施しており、職業教育を主とする高等学校等において修得した成果を入学後さらに深め、生物資源の生産と活用、生態系や地球環境の保全、地域農業の指導等において、より高度な専門知識と技術を習得することに強い意志を有し、職業教育で得た経験を生かして優れたリーダーシップを発揮できる者を求めています。調査書、小論文および面接により総合的に判断します。

  • (スーパーサイエンスハイスクール・理数科枠)
    • 応用生命科学課程および生産環境科学課程で実施しており、科学に対する高い関心と優れた科学的な思考能力を有し、入学後、専門科目や研究において下記の高等学校教育課程等で得た成果をさらに深め、より高度な専門知識と技術を習得することに強い意欲を有する者を求めています。
    • 文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール事業の指定校において当該事業に関する教育課程等を修了する見込みの者および理数科等の卒業見込み者が対象です。調査書、小論文および面接により、総合的に判断します。(小論文および面接は、主に理科に関する学力および科学的思考能力を判定する内容を含む。)
推薦入学II 特別選抜 (大学入試センター試験を課す選抜)
  • 応用生命科学課程、生産環境科学課程および共同獣医学科で実施しており、高等学校において優れた学業成績を修めた者を対象に、高度な専門的知識と技術の習得や地域社会への貢献を目指す、意欲ある者を求めています。調査書、小論文、面接、大学入試センター試験により、総合的に判定します。
私費外国人留学生特別選抜
  • 国際交流の推進等の観点から、応用生命科学課程および生産環境科学課程では、日本留学試験の成績およびTOEFLにより総合的に判定します。いずれの課程も入学後の学習生活に充分耐え得る日本語能力に加え、全般的に基礎学力のある者を求めています。

編入学者

  • 応用生命科学課程、生産環境科学課程では、基礎学力・意欲・人物像において優れ、通常の1年からの入学とは異なる経験・識見を生かし、明確な目的意識を持って学習することに強い意欲を有する学生を求めています。選抜においては、小論文,面接を通して専門分野に関する基礎的な学力・人物を評価します。 (なお、共同獣医学科では、編入試験を実施していません。)


ページの先頭へ戻る