最新情報

掲載日:2018年12月 7日

【報告】富有柿倶楽部でスイーツの試食会を開催しました

 応用生物科学部の「地域ブランドと地域振興(通称:富有柿倶楽部)」は、岐阜県のブランドの一つである富有柿を教材に、地域ブランドについて考える授業です。今年度は、岐阜県揖斐農林事務所及び大野町役場、地元事業者の皆様にご協力をいただき、大野町特産の柿をつかったスイーツの商品開発を進めてきました。
 このほど、どら焼き「柿どら」と、柿ジャムを加えた「フォンダンショコラ」の2品の試作品が完成し、12月2日(日)に道の駅「パレットピアおおの」(大野町下磯)において試食会とアンケート調査を実施しました。岐阜大学内で行う試食アンケート調査の結果を加えて報告書にまとめ、事業者さんに提案する予定です。
 商品開発のノウハウを学ばせていただいた関係各位に御礼申し上げますとともに、新たな柿の魅力が伝わるスイーツができることを期待しています。

風景 風景
 
【新聞報道】特産柿で土産用スイーツ 岐阜大生と菓子店開発 大野で試食会、中日新聞(平成30年12月4日掲載)
岐阜大生と菓子店が共同開発 柿スイーツ 味いかが 大野町 ケーキやどら焼き、試食会、岐阜新聞(平成30年12月7日掲載)


ページの先頭へ戻る