最新情報

掲載日:2017年12月11日

【フィールド活動報告】公開講座『家庭菜園の基礎 理論と実際』、12/10(日)

第12回目の公開講座『家庭菜園の基礎 理論と実際』は、田中逸夫教授による『野菜の原産地・光合成』の講義でした。白菜やキャベツなどの身近な野菜の原産地・植物学上の分類などのお話から、光合成と環境要因の話、"食べる"以外の植物の役割の働きについてのお話がありました。
 
公開講座の様子
 
実習は冬の風物詩"餅つき"を行いました。もち米、小豆、大豆、大根などフィールドセンターで栽培した農産物を使って餡子餅、きな粉餅、大根おろし餅を作りました。また、鏡餅づくりも行いました。参加者みんなで協力して餅をつき、鏡餅を作り、一層参加者の皆様の親睦が深まりました。
 
実習の様子


ページの先頭へ戻る