最新情報

掲載日:2016年12月21日

【報告】名城大学農学部との教育連携(単位互換)により「樹木医学」の合同授業を実施

 平成28年4月に岐阜大学応用生物科学部と名城大学農学部は教育連携に関する学部間協定を締結、同年5月に名城大学と岐阜大学との大学間単位互換協定の締結に基づき、今年度後学期は相互に1科目を開放し、講義を行ってきました。

 本学部が提供する「樹木医学」(小見山章教授・岩澤淳教授)は、このほど最終回を迎え、同じ授業を受講する本学部生産環境科学課程の学生約15名が名城大学天白キャンパスに移動し、合同で授業を行いました。
2コマの短い時間でしたが,学生間で活発な質疑応答も行われました。

 また、名城大学農学部提供の「バイオテクノロジー」(志水元亨教授)も同日に最終回を迎えました。
次年度以降も両大学で連携し、単位互換を進めていく予定です。



合同授業の様子合同授業の様子


ページの先頭へ戻る