最新情報

掲載日:2015年3月 9日

【シンポジウム】「環境の再生を考える」、岐阜大学応用生物科学部・科学研究推進室シンポジウム、3/16(月)(再掲)

岐阜大学応用生物科学部・科学研究推進室シンポジウム 「環境の再生を考える」

 

 ■日 時:平成27年3月16日(月)13時30分~16時35分 
 ■場 所:応用生物科学部 101講義室
 ■対 象:学生、教職員(他学部からの参加を歓迎いたします)

  

プログラム

 13:30-13:35 初めに 福井 博一・応用生物科学部長
 13:35-13:45 趣旨説明 杉山 誠・科学研究推進室長
 13:45-14:45 「イタイイタイ病全面解決に向けた40年-主に発生源対策について-」
           渋江隆雄 氏 元神岡鉱業社長(現パンパシフィック・カッパー株式会社・副社長)
 14:45-15:00 休 憩
 15:00-16:00 「負の遺産から学ぶ-公害によって発達した科学技術-」
           高見澤一裕 氏 岐阜大学応用生物科学部教授
 16:00-16:30 パネルディスカッション 「環境の再生:今、私たちにできること」
           渋江隆雄 氏、高見澤一裕 氏、川窪伸光 氏(応用生物科学部教授)他
 16:30-16:35 終わりに 福井 博一・応用生物科学部長

 

趣 旨

 我が国は目覚ましい高度経済成長を遂げ、わずかな期間で先進国の仲間入りを果たすことができた。一方で、その結果として全国各地で悲惨な事態"公害"を経験することとなる。かつてに比べると、格段に私たちの周りの環境は良くなっているとは言え、持続的な地球環境の観点からは未だに多くの課題が残されている。そこで、今回、「環境の再生」をテーマにシンポジウムを開催することとした。多くの公害事件の中で唯一全面解決となった「イタイイタイ病」を起点に、その後の環境立国へと成長する我が国の科学技術とその活用について、お二人の方から講演をしていただく。その上で、環境再生に向け、個人から企業までさまざまな「私」が出来ることは何かについて考えてみたい。

 

 

 

 ■シンポジウムポスターはこちら

 

 

問い合わせ先

応用生物科学部 総務係
電 話:058-293-2832
メール:gjab00008@jim.gifu-u.ac.jp


ページの先頭へ戻る