最新情報

掲載日:2014年7月16日

【公開講座】平成26年度中学生のための体験科学講座

平成26年度岐阜大学公開講座 応用生物科学部 中学生のための体験科学講座「あなたも科学者。」

 

日  程:平成26年11月8日(土) 13:00~16:30
開催場所:岐阜大学応用生物科学部 第1会議室及び各研究室
対 象 者 :中学生(申込み多数の場合は抽選となります。)
参 加 費 :無 料
申込期限:平成26年10月17日(金)必着
申込方法:参加申込書に必要事項を記載のうえ、郵送、FAX、メール添付にて最下の連絡先
     までお申込みください。
     参加申込書の内容が網羅されていればメールにてお申込みいただいても結構です。

そ の 他 :参加者を対象に、学食体験ツアーも実施します。

 

参加申込書(PDFファイル)
参加申込書(Wordファイル)

 

講座概要

講座A:小さな世界を覗いてみよう(定員8名)
応用生命科学課程( 島田 昌也 助教・今村 彰宏 助教) 
ふだんの生活でなにげなく目にしているものの中には、小さくてよく見えないもの、あるいは、顕微鏡で観察して初めて見えてくるものがたくさんあります。私たちのからだや毎日口にしている食べ物は、顕微鏡を使うとようやく目にすることができる「細胞」という単位でできています。そうした小さな世界を覗いてみましょう。 

講座B:卵黄の色の正体は?~色を観察してみよう~(定員10名)
生産環境科学課程( 山本 朱美 准教授 )
ニワトリの卵は身近な食材です。私たちはこの卵黄の色が濃い卵ほど栄養価が高く、美味しそうに感じるそうです。実は、ニワトリが食べる飼料の色素成分が卵黄に移行することで着色します。本講座では、鶏卵の卵黄とニワトリのエサに含まれる色素成分を抽出して卵黄の色の正体を探ってみましょう。また、赤や黒などの色素を混ぜた飼料を給与したニワトリの卵黄色はどうなるか観察してみましょう。 

講座C:筋肉が動く仕組みを調べてみよう(定員10名)
共同獣医学科(松山 勇人 准教授・椎名 貴彦 准教授 )
動物は、「骨格筋」と呼ばれる筋肉を動かすことによって、走ったり、歩いたり、姿勢を保ったりすることができます。筋肉にはどのような性質があるのでしょうか。そして、どのような仕組みで、筋肉は動くことができるのでしょうか。この講座では、動物の筋肉の動きを実際に目でみながら、筋肉のもつ性質と筋肉の動く仕組みを調べてみようと思います。

ポスター
詳細はこちら
昨年の様子はこちら


連絡先

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1
岐阜大学応用生物科学部 総務係
担 当:石川 誉
電 話:058-293-2832 
メール:gjab00008@jim.gifu-u.ac.jp(@を小文字にしてください。)


ページの先頭へ戻る