最新情報

掲載日:2013年11月15日

【連携協定】岐阜大学応用生物科学部と岐阜市立女子短期大学との連携協定締結、11/14(木)

 

岐阜市立女子短期大学との連携協定締結 岐阜市立女子短期大学との連携協定締結

  


 

 平成25年11月14日(木)、国立大学法人岐阜大学応用生物科学部、岐阜市立女子短期大学それぞれが有する人的,物的資源を有効活用,相互の発展のため連携・協力し、両大学の教育研究の向上・充実を図ることを目的として連携協定を締結しました。
 
 当締結式には、応用生物科学部から福井博一学部長、田中逸夫附属フィールド科学教育研究センター長、大場伸也、石田 仁 同副センター長が、岐阜市立女子短期大学部からは、竹森正孝学長、瀬尾幸市国際文化学科教授(地域環境交流センター委員長)、石見百江准教授(地域環境交流センター委員会委員)、佐橋伸弘事務局長が出席されました。
 
 両大学の挨拶では、福井博一学部長から「岐阜大学の人や物の資産を学外でも有効活用することで待機貢献したい。教育に限らず研究においても連携していきたい」と、竹森正孝学長からは「連携により視野の進路が広がることを期待する」とそれぞれ述べられました。
 
 今後、両大学の学生の交流、共同学習として岐阜市立女子短期大学が行う農業体験学習・環境学習・制作演習における、岐阜大学の農場、演習林の利用及び技術指導のほか、両大学の教職員による共同研究等に連携・協力し、両大学の教育研究の向上・充実が図られます。

 

岐阜大学応用生物科学部と岐阜市立女子短期大学との連携協定締結(PDF) 

 【新聞報道】岐阜新聞、中日新聞(平成25年11月15日掲載)


ページの先頭へ戻る