最新情報

掲載日:2013年10月10日

【講演】「科学的に捕獲する」、森部絢嗣助教(野生動物管理学研究センター)第1回 狩猟サミット in 郡上、10/26(土)

2013年10月26日(土)

2-D『科学的に捕獲する』

岐阜大学・寄附研究部門教員・森部絢嗣助教

猟師になって、最初の関門が「捕獲」である。一般的に「捕獲」には、数多くの「経験」が必要とされており、新米猟師が独りで捕獲することは困難であると考えられている。しかし、新米猟師の「捕獲体験の遅延」は、狩猟意欲の減退や狩猟免許取得希望者への障壁となりうる。つまり昨今の猟師の減少や高齢化の中で、いかに新米猟師へ「捕獲成功体験」を味わってもらうかが、猟師を確保するカギともいえる。そこで本ワークショップは、「経験」や「勘」といった言葉で片づけられてしまうことが多い捕獲技術を科学的に紐解くことで、新米猟師でも「早期に捕獲」を実現させる技術や思考を培うことがねらいである。まず企画者より科学的に捕獲した例を紹介し、その後、参加者全員で科学的に捕獲するためにはどうすればいいか議論する。

第1回 狩猟サミット in 郡上、10/25(金)-27(日)
主催:狩猟サミット実行委員会
事務局:猪鹿庁(NPO法人メタセコイアの森の仲間たち)
会場:郡上八幡自然園 〒501-4238 岐阜県郡上市八幡町島757
開催日時:平成25年10月25(金)~27日(日)2泊3日
有料、要参加申込み

第1回 狩猟サミット in 郡上


ページの先頭へ戻る