最新情報

掲載日:2012年5月 1日

応用生物科学部に岐阜県から寄附研究部門(鳥獣対策研究部門)を開設

岐阜大学は、平成24年5月1日、応用生物科学部附属野生動物管理学研究センターに寄附研究部門(鳥獣対策研究部門)を開設しました。

 この寄附研究部門は、岐阜県の要請に基づき大学において野生動物の保護管理に関する研究を行うとともに、その成果の普及を行い、岐阜県の野生動物保護管理対策の向上に寄与することを目的として、平成28年度までの5年間の予定で設置したものです。

 自治体からの寄附研究部門を基盤とする野生動物管理システムの構築は、わが国では初めての試みであり、「岐阜県モデル」として全国レベルでの野生動物対策の発展への貢献が期待されています。

 
(協定締結式古田岐阜県知事(左)と森学長(右) 岐阜県庁にて)


ページの先頭へ戻る