最新情報

掲載日:2011年4月 5日

応用生物科学研究科と広西大学5学院とのダブル・ディグリー・プログラムに関する覚書を締結

「岐阜大学と広西大学間における学術交流に関する協定」に基づく岐阜大学応用生物科学研究科と広西大学5学院とのダブル・ディグリー・プログラムに関する覚書に調印

 応用生物科学研究科(修士課程)は、平成23年3月28日に中国広西大学5学院とのダブル・ディグリー・プログラムに関する覚書を締結しました。

 ダブル・ディグリー・プログラムは、岐阜大学と広西大学の両大学から大学院修士の学位を授与されるもので、岐阜大学応用生物科学研究科と中国広西大学の5学院(農学院・動物科学技術学院・軽工業与食品工程学院・生命科学技術学院・林学院)との学生交流がより密接になるとともに、中国と日本との共同研究の発展も期待されています。
この覚書締結によって、来年4月には中国広西大学から2名の大学院学生が岐阜大学応用生物科学研究科に入学し、研究を行うことになります。


(右から)

Yu Wenjin 広西大学農学院助教授(通訳)
Wen Yuanguan 広西大学林学院長
Shi Deshun 広西大学動物科学技術学院長
Huang Liyun 広西大学国際交流処長
Huang Weiyi 広西大学副校長
廣田則夫 岐阜大学副学長(国際戦略担当)
金丸義敬 岐阜大学応用生物科学部長
福井博一 岐阜大学応用生物科学部副学部長
Yang Shangdong 広西大学農学院助教授(通訳)


ページの先頭へ戻る