最新情報

掲載日:2006年1月18日

「岐阜大学名誉博士称号授与第一号授与者」

岐阜大学応用生物科学部の前身である農学部を卒業された竹中登一(アステラス製薬代表取締役)氏が、岐阜大学名誉博士号第一号授与者となり、その授与式が平成18年1月17日に岐阜大学フォーラムの冒頭行われました。

 竹中登一氏は、岐阜大学農学部(現、応用生物科学部)を卒業後、一貫して新薬開発に携わり、世界で初めての高血圧治療剤と認定されたカルシウム拮抗剤「ペルジピン」を開発するなど、我が国のみならず世界的な学術研究の発展に貢献されています。また、これらの功績により、内閣総理大臣発明賞、科学技術長官表彰ならびに紫綬褒章を受章されております。


ページの先頭へ戻る