ホーム > 食品分子機能学研究室 > 研究内容

食品分子機能学研究室

研究内容

研究内容

  • 1.ラクトスタチンの媒介する新規コレステロール代謝調節系の解明
  • 2.食品由来脂質代謝改善ペプチドの特定・網羅解析・作用機構解明・高機能化
  • 3.ポリフェノールの媒介する新規脂質代謝調節系の解明
  • 4.食品由来ペプチドの抗肥満・抗糖尿病作用
  • 5.長寿関連遺伝子を活性化する食品成分に関する研究
1.ラクトスタチンの媒介する新規コレステロール代謝調節系の解明
2.食品由来脂質代謝改善ペプチドの特定・網羅解析・作用機構解明・高機能化
  • 我々は、動物実験評価だけではなく、ヒト臨床試験を含めて、従来の大豆タンパク質よりも極めて強力なコレステロール代謝改善作用を発揮するリン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)を世界で初めて開発した。厚生労働省に許可された新しい特定保健用食品素材(CSPHP)を含む、特定保健用食品「コレステブロック」が誕生し、現在販売中である。
3.ポリフェノールの媒介する新規脂質代謝調節系の解明
  • さまざまなポリフェノールの抗動脈硬化作用が注目されている。我々は大豆ゲニステインの抗動脈硬化因子(アポリポタンパク質A-I:アポA-I)遺伝子発現に対する機能を遺伝子工学・分子生物学・細胞工学的手法により検討し、ゲニステインによるアポA-Iの転写活性化には、エストロゲン受容体が関与するこ とを世界で初めて明らかにした。

ページの先頭へ戻る