ホーム応用生命科学課程 > 教育目的

教育目的

応用生命科学課程の教育目的

応用生命科学課程は、生物系有用物質の探索・設計・ 合成,生物機能を利用した有用物質の生産及び環境修復、機能性食品の開発、食品の安全性確保、食品製造技術の向上など、食・健康・環境に関連する分野で活躍できる人材を養成します。

カリキュラムポリシー(教育方針)

応用生命科学課程では、化学、生物学、有機化学、生化学、微生物学などを共通の基盤とし、微生物から動植物に至る生命の仕組みや現象について分子と細胞レベルで理解し、多様な生命現象を食品や医薬化成品の開発や製造に活用するための知識や技術を体系的に習得します。

分子生命科学コースでは、有機化学、天然物化学、生化学、微生物学に関する専門基礎科目及び専門科目により、分子から細胞にいたるレベルで生命現象や生物機能を解明して応用する知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。

食品生命科学コースでは,食品の栄養や機能を総合的に理解する科目や,食品の品質管理や流通・加工について系統的に学ぶ科目に関する専門基礎科目及び専門科目により,食品産業全般に応用できる知識と技術の習得を目的とした教育・研究を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

応用生命科学課程は,応用生命科学に関わる知識と技術を習得させ、人類の健康と環境の向上に活用するための科学的思考力と実践力を保証します。
分子生命科学コースは,分子から細胞にいたるレベルで生命科学を理解する知識と,社会のニーズに対応できる実践力を有し,それらを活用して人類の健康および環境の向上に貢献できる人材であることを保証します。
食品生命科学コースは,食品科学および食に関わる生命科学を理解する知識と,社会のニーズに対応できる実践力を有し,それらを活用して人類の食環境および健康の向上に貢献できる人材であることを保証します。

学部教育理念やアドミッションポリシーについては、学部Webサイトの理念をご覧ください。

ページの先頭へ戻る