ホーム > 応用生命科学課程 > ニュース&トピックスバックナンバー > J. Biol. Chem.誌に論文が掲載されました(島田敦広助教)

J. Biol. Chem.誌に論文が掲載されました(島田敦広助教)

チトクロム酸化酵素とその阻害剤であるアジ化物イオンとの高分解能複合体構造を決定し,チトクロム酸化酵素の反応機構についての重要な知見が得られたことを報告した島田敦広助教の以下の論文が,Journal of Biological Chemistry誌に掲載されました。

X-ray structural analyses of azide-bound cytochrome c oxidases reveal that the H-pathway is critically important for the proton-pumping activity.

Shimada A, Hatano K, Tadehara H, Yano N, Shinzawa-Itoh K, Yamashita E, Muramoto K, Tsukihara T, Yoshikawa S.

J Biol Chem. 2018 Sep 21;293(38):14868-14879. doi: 10.1074/jbc.RA118.003123.


ページの先頭へ戻る