ホーム > 応用生命科学課程 > ニュース&トピックスバックナンバー > インド工科大学グワハティ校(IITG)の教授2名の講演会を開催しました

インド工科大学グワハティ校(IITG)の教授2名の講演会を開催しました

5月23日(水)に、インド工科大学グワハティ校(IITG)よりVimal Katiyar教授(Department of Chemical Engineering)とLingaraj Sahoo教授(Department of Biosciences and Bioengineering)をお招きし、工学部と合同で講演会を開催しました。

Katiyar教授からは「Sustainable polymer: Principle and application」という題目で講演を行っていただき、バイオベースポリマーの基本の紹介から実用化を念頭に置いた複合化プロセスまで最新の知見を織り交ぜながら紹介していただきました。

また、Sahoo教授からは「Plant Biotechnology: Principle and application」という題目で講演を行っていただき、今後さらに人口が増加することによってインドが直面する食糧危機の問題に対し、植物の遺伝子組み換え技術を応用した打開策を、具体例を交えながら紹介していただきました。

本講演会には応用生物科学部、連合農学研究科、工学部から、学生と教職員合わせて約40名が参加しました。

lecture1lecture2


ページの先頭へ戻る