ホーム > 応用生命科学課程 > ニュース&トピックスバックナンバー > 宮城一真さん(M2)・寺本好邦准教授(バイオマス変換学研究室)の論文がJournal of Materials Chemistry C誌(英国王立化学会)のInside back coverに採用されました

宮城一真さん(M2)・寺本好邦准教授(バイオマス変換学研究室)の論文がJournal of Materials Chemistry C誌(英国王立化学会)のInside back coverに採用されました

エチルセルロース系コレステリック液晶フィルムが,力学刺激によって広範囲に色調が変化するばかりでなく,円二色性の反転をも示すことを見出した,「デュアルメカノクロミック材料」に関する論文が,Journal of Materials Chemistry C誌(英国王立化学会,IF: 5.256)に掲載され(DOI: 10.1039/C7TC05092E),Inside back cover(内裏表紙)に採用されました。

Kazuma Miyagi and Yoshikuni Teramoto
Dual mechanochromism of cellulosic cholesteric liquid-crystalline films: wide-ranging colour control and circular dichroism inversion by mechanical stimulus
J. Mater. Chem. C, 2018, 6, 1587-1587


ページの先頭へ戻る