ホーム > 植物細胞工学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > 第60回日本植物生理学会年会にて発表しました

植物細胞工学研究室

新着情報

掲載日: 2019年3月16日

第60回日本植物生理学会年会にて発表しました

第60回日本植物生理学会年会が2019年3月13日から15日まで名古屋大学で開催され、本研究室のLiujie Wu、中野友貴Raj Kishan Agrahariらが研究成果を発表しました。

口頭発表

Chemical screening identified that lipid signaling pathways regulate early aluminum-inducible malate secretion in ArabidopsisLiujie Wu1,Ayan Sadhukhan1,Yu r i ko Kobayashi1,Naohisa Ogo2,Mutsutomo Tokizawa1,Raj Kishan Agrahari1,Hiroki Ito1,Akira Asai2,Hiroyuki Koyama1(1Applied Biological Sciences, Gifu University, Gifu 501-1193, Japan.,2Graduate Division of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka, Shizuoka 422-8526, Japan.)

シロイヌナズナ野生系統を用いたAtMATE発現量のSingle-population GWAS中野友貴1,楠和隆1,丸山春花2,小山博之1,2,小林佑理子1,2(1岐阜大・連農,2岐阜大・応生)

ポスター発表

Transcriptional Biomarker to evaluate Al rhizotoxicity in soybean -An Approach for managing Pulse crop production in Acid Soil RegionRaj Kishan Agrahari1, Yuriko Kobayashi2, Hiroyuki Koyama3 (1The United Graduate School of Agricultural Science, Gifuuniversity, 2Faculty of Applied Biological Sciences, 3Faculty of Applied Biological Sciences)

大会ホームページ:https://jspp.org/annualmeeting/60/index.html


ページの先頭へ戻る