ホーム > 植物細胞工学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > 第10回低pH植物土壌相互作用国際シンポジウムにて発表しました

植物細胞工学研究室

新着情報

掲載日: 2018年7月10日

第10回低pH植物土壌相互作用国際シンポジウムにて発表しました

10回低pH植物土壌相互作用国際シンポジウム 10th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH (10thPSILPH)が

201862528日マレーシアのプトラジャヤで開催されました。http://www.psilph2018.com/

小山、中野、榎本が発表しました。卒業生の時澤君もカナダから参加、発表し久しぶりの再会となりました。

Regulation of STOP1-mediated aluminum tolerance mechanisms in Arabidopsis roots
Hiroyuki Koyama and Yuriko Kobayashi

『Dissecting the genetic architectures of Aluminum tolerance in Arabidopsis thaliana accessions』
Yuki Nakano, Kazutaka Kusunoki, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Hiroyuki Koyama and Yuriko Kobayashi

Impact of aluminum induced malate excretion on primary metabolism of Arabidopsis root
Takuo Enomoto, Akira Oikawa, Yuriko Kobayashi and Hiroyuki Koyama

STOP1 transcription factor regulates the early aluminum-inducible expression of its primary target genes via the unfolded protein response-like pathway
Mutsutomo Tokizawa, Takuo Enomoto, Hiroki Ito, Yoshiharu Y. Yamamoto, Yuriko Kobayashi, Leon Kochian and Hiroyuki Koyama

IMG_2159.JPG

IMG_2158.JPG


ページの先頭へ戻る