ホーム > 植物細胞工学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > "Characterization of CcSTOP1; a C2H2-type transcription factor regulates Al tolerance gene in pigeonpea."がPlantaに公開されました

植物細胞工学研究室

新着情報

掲載日: 2017年9月18日

"Characterization of CcSTOP1; a C2H2-type transcription factor regulates Al tolerance gene in pigeonpea."がPlantaに公開されました

インドで生産される主要豆類のひとつであるキマメ(pigeonpea; Cajanus cajan)において、アルミニウム応答性の根部クエン酸分泌とそれを担うクエン酸トランスポーター相同遺伝子CcMATE1を明らかにしました。CcSTOP1-RNAi pigeonpea網状根組換え体の解析から、CcSTOP1がアルミニウム耐性遺伝子CcMATE1やCcALS3遺伝子の発現を制御をしていることを明らかにしました。また、CcMATE1プロモーター上のCcSTOP1結合配列はシロイヌナズナリンゴ酸トランスポーターAtALMT1プロモーターと同様であることが示されました。

Daspute AA, Kobayashi Y, Panda SK, Fakrudin B, Kobayashi Y, Tokizawa M, Iuchi S, Choudhary AK, Yamamoto YY, Koyama H. Characterization of CcSTOP1; a C2H2-type transcription factor regulates Al tolerance gene in pigeonpea. Planta. doi: 10.1007/s00425-017-2777-6.


ページの先頭へ戻る