ホーム > 植物細胞工学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > "Genome-wide Association Study Reveals that the Aquaporin NIP1;1 Contributes to Variation in Hydrogen Peroxide Sensitivity in Arabidopsis thaliana" がMolecular Plantに掲載されました

植物細胞工学研究室

新着情報

掲載日: 2017年8月 7日

"Genome-wide Association Study Reveals that the Aquaporin NIP1;1 Contributes to Variation in Hydrogen Peroxide Sensitivity in Arabidopsis thaliana" がMolecular Plantに掲載されました

世界に分布する133のシロイヌナズナアクセッション(野生株)を用いたゲノムワイド関連解析(GWAS)から、根部の過酸化水素感受性のバリエーションにはアクアポリンNIP1;1の遺伝子発現量が大きく寄与していることを明らかにしました。 NIP1;1遺伝子の高発現系統や過剰発現組換え体では、H2O2高集積と細胞死が観察され、H2O2に感受性を示しました。またその発現多型の原因はNIP1;1プロモーター多型であることを明らかにしました。

Sadhukhan A, Kobayashi Y, Nakano Y, Iuchi S, Kobayashi M, Sahoo L, Koyama H.  Genome-wide Association Study Reveals that the Aquaporin NIP1;1 Contributes to Variation in Hydrogen Peroxide Sensitivity in Arabidopsis thaliana. Mol Plant. 2017 10:1082-1094.


ページの先頭へ戻る