ホーム > 獣医分子病態学研究室 > ご挨拶

獣医分子病態学研究室

ご挨拶

獣医分子病態学研究室へようこそ! 

 私たちの研究室は2004年に設置された新しい研究室で、伴侶動物の"がん"の教育、研究さらには附属動物病院腫瘍科での診療を担っています。犬や猫などの伴侶動物は長命化に伴い、ヒトと同様に"がん"の発生が多く、難治性疾患として解決すべき問題が山積しております。臨床現場で問題点を見つけ出し、それらを研究テーマとして検討・解明し、得られた成果を臨床に還すことを常に心がけています。

 また、私たちの研究室の特色としては、伴侶動物の"がん"のみならず、ヒトの"がん"をも視野に入れた研究を行っています。すなわち、そのような研究分野を「比較腫瘍学」といいますが、私たちの最終目標は『動物とヒトのがんを克服する』ことです。

 私たちは、伴侶動物の先進的"がん"診療を担うとともに、革新的"がん"研究を遂行していきます。附属動物病院腫瘍科での臨床研修、および本研究室での革新的"がん"研究を目指す皆さん、私たちと一緒に診療活動や大学院での研究活動をやってみませんか。

丸尾幸嗣


ページの先頭へ戻る