ホーム > 植物病理学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > 研究成果が"Journal of General Plant Pathology"誌と"Scientific Reports"誌に掲載されました。

植物病理学研究室

新着情報

掲載日: 2019年2月10日

研究成果が"Journal of General Plant Pathology"誌と"Scientific Reports"誌に掲載されました。

マレック君の拮抗細菌の共接種による相乗的青枯病防除効果に関する論文がJournal of General Plant Pathology誌(85: 1-13, 2019)に、そして西岡君のネギ類の混植・輪作によるフザリウム病抑止機構解明に関する論文がScientific Reports誌(9:1715)に掲載されました。


ページの先頭へ戻る