ホーム > 植物病理学研究室 > ニュース&トピックスバックナンバー > シンポジウム「共生微生物利用の今と未来」

植物病理学研究室

新着情報

掲載日: 2015年12月 1日

シンポジウム「共生微生物利用の今と未来」

11月25日に富山大学で開催されたシンポジウム「共生微生物利用の今と未来」に出席してきました。私は招待講演という形で研究紹介をさせていただく機会をいただきましたので、「伝統農法に学ぶ:根圏細菌フローラの制御による土壌病害の防除に向けて」と題した講演をさせていただきました。また、当研究室のマレック君(D1)はポスターで研究発表しました。同シンポジウムでは、昆虫共生菌やエンドファイト等について研究している研究者や学生が多数参加し、大変興味深い発表がなされました。聴いていてワクワクするような研究ばかりで、大きな刺激を受けました。

初の研究発表で少し緊張した様子のマレック君


ページの先頭へ戻る