ホーム > 動物発生学研究室

動物発生学研究室

動物発生工学は動物発生学研究室の一分野として2013年4月に新設されました。動物を効率よく生産する技術に、体外受精や体細胞クローンなどがあります。私たちは、これらの発生(生殖)工学技術を用いて配偶子の受精・発生・分化など初期発生機構の解明や高付加価値有用動物の効率的な生産システムの開発を目指しています。


ページの先頭へ戻る