ホーム > 動物発生学研究室

動物発生学研究室

私たち、動物発生工学分野は動物発生学研究室の一分野として日々研究に取り組んでいます。動物を効率よく生産する技術に、体外受精や体細胞クローンなどがあります。しかし、いずれの技術も十分に確立されたものではなく、まだ、たくさんの問題点や改善すべき課題、わかっていないこともたくさんあります。私たちは、発生(生殖)工学技術を用いて配偶子の受精・発生・分化など初期発生機構の解明や様々な動物発生工学技術の高度化、さらには高付加価値有用動物の効率的な生産システムの開発を目指しています。近年は、多くの卒業生が生殖補助医療胚培養士として、人の不妊治療に携わる仕事で活躍しています。


ページの先頭へ戻る