ホーム > 家畜衛生地域連携教育研究センター GeFAH(ジーファー) > ニュース&トピックスバックナンバー > 獣医学術研修会「豚コレラとアフリカ豚コレラ」が開催されました

家畜衛生地域連携教育研究センター GeFAH(ジーファー)

新着情報

掲載日: 2018年12月14日

獣医学術研修会「豚コレラとアフリカ豚コレラ」が開催されました

獣医学術研修会「豚コレラとアフリカ豚コレラ」を岐阜県獣医師会とGeFAHが共同で開催しました。
現在、岐阜市においてブタとイノシシで「豚コレラ」が発生しています。また、「アフリカ豚コレラ」が中国で発生し、日本国内への初侵入が危険視されています。
そこで、農林水産省の拡大豚コレラ疫学調査チームのメンバーでもある農研機構 動物研究領域 国際重要伝染病領域 山田学先生に「豚コレラとアフリカ豚コレラ」と題して、ご講演いただきました。
岐阜県獣医師会会員だけでなく、岐阜大学教員、畜産関係者、猟友会会員など多くの方々が参加し、豚コレラとアフリカ豚コレラの知識と情報の共有が行われ、様々な意見交換がなされました。

日 時 : 平成30年12月3日(月) 13:30 ~

場 所 : 岐阜県福祉農業会館大会議室(岐阜市下奈良2-2-1)

演 題 : 「豚コレラとアフリカ豚コレラ」
      農研機構 動物研究領域 国際重要伝染病領域 山田学先生

無題.png


ページの先頭へ戻る