ホーム > 家畜衛生地域連携教育研究センター GeFAH(ジーファー) > ニュース&トピックスバックナンバー > 市民公開講座「ミツバチと病気」が開催されました

家畜衛生地域連携教育研究センター GeFAH(ジーファー)

新着情報

掲載日: 2018年4月 4日

市民公開講座「ミツバチと病気」が開催されました

連合獣医学研究科主催の第4回市民公開講座「ミツバチと病気」を一般社団法人 岐阜県 医師会、公益社団法人 岐阜県獣医師会、岐阜県、岐阜大学応用生物科学部と共催いたしました。
岐阜県の主要な畜産業の一つである養蜂をテーマに、法定伝染病と届出伝染病を含むミツバチの感染症、幼児ボツリヌス症の話題が提供されました。

日 時 : 平成30年3月23日(金) 14:00 ~ 17:00

場 所 : 岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟4階)

テーマ : 「ミツバチと病気」

<内容>
1. 「ミツバチの病気の伝播」
   岐阜大学応用生物科学部 土田浩治教授
2. 「アメリカ腐蛆病とヨーロッパ腐蛆病」
   埼玉県農林部畜産安全課 荒井理恵先生
3. 「蜜蜂と幼児ボツリヌス症」
   東京農工大学 五十君靜信教授

bitmap.png
IMG_8228.jpg IMG_8229-1.jpg


ページの先頭へ戻る