ホーム > 応用生物科学部アーカイブ

応用生物科学部アーカイブ

動画特集

応用生物科学部(旧・農学部)に関してのテレビ報道や、研究に関連して作成された動画を含むWebサイトを紹介しています (リンクを含む)。

松岡修造コーナー ゴルフ場が油田に...日本が世界に誇る最新技術(テレビ朝日、報道ステーション)

高見澤一裕教授(応用生命科学課程)→環境微生物工学研究室ホームページへ

高見澤教授が開発した芝や紙等からバイオエタノールを作り出す技術についての取材に関する動画です。

(http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/data/feature_asx/6807.asx)
共同研究を行っているベンチャー企業のコンティグ・アイのWebサイトでも取材時の様子がご覧いただけます。

教えて!マイクロキュリー(8)希少動物を救え!人工繁殖への挑戦

土井 守教授(生産環境科学課程)→動物繁殖学研究室ホームページへ

動物園で、希少動物の繁殖研究の為に行っている研究内容の一部についての紹介です。

動物繁殖学研究室の研究内容が紹介されている番組は、サイエンスチャンネル
のトップページ左側の番組検索から、
希少動物」というキーワードで検索しても、ビデオを探すことができます(収録時は農学部と紹介されていますが、現在は、応用生物科学部です)。


100年育って咲いて死ぬ (著作:川窪伸光准教授)

川窪伸光准教授(生産環境科学課程)→多様性保全学研究室(川窪)ホームページ

プヤライモンディは,パイナップル科の草本で,発芽してから100年後に1度だけ開花し,そして枯死すると言われてきた謎の植物です。南米はアンデス山脈 の高地4000mから5000mに生育しています。私は,静岡大学理学部・増沢研究室とサンマルコス大学スンニ研究室との共同研究として,プヤライモン ディの生態を探ってきました。ここに,2006年,2007年の調査のスナップを掲載します。

Flower Visitors: 訪花者たち(著作:金 潤姫・川窪伸光准教授)

川窪伸光准教授(生産環境科学課程)→多様性保全学研究室(川窪)ホームページ

これらの極短編動画は,平成18年度文部科学省科学研究費(萌芽研究 186570009):「花信号機能解析のための送粉昆虫の花接近飛行3D解析」に おいて集積しつつある画像記録から副次的に作成したものです。動画は随時増えていく予定です。

 

静かなる草木たちの躍動 (著作:川窪伸光准教授)

((社)日本植物学会ウェブサイトの動画は、岐阜大学応用生物科学部、川窪伸光准教授によって作成されています。)
川窪伸光准教授(生産環境科学課程)→多様性保全学研究室(川窪)ホームページ

「いつのまにか、花が咲いてたんだ。。。」 身近な草木に、そんな意外な変化を見つけたことはありませんか? そう。植物は、私たちの気づかないところ で、動き、変化しているのです。 そんな植物の変化を、ちょっぴりハイテクの力を借りて、紹介しています。普段はつい、動かないと思いこんでしまいがち な、植物のダイナミックな動きを、お楽しみ下さい。

 

西表映像ライブラリー:人と自然 (著作:川窪伸光准教授)

川窪伸光准教授(生産環境科学課程)→多様性保全学研究室(川窪)ホームページ

(ウェブサイトは、岐阜大学応用生物科学部、川窪伸光准教授によって作成・管理されています。) 

「西表映像ライブラリー」では,西表島で肌に感じることのできる「地球の営み」の映像化を試みています。人々の生活の背景である,天体の運行や潮の干満か ら,鬱蒼とした森林の密やかな変化,そして大小さまざまな野生動物たちの息づかいまでも,感じて頂けたら幸いです。

映像の著作権:総合地球環境学研究所と(有)ネイチャーイメージ保有
撮影・編集および撮影協力者:佐久間文男(有・ネイチャーイメージ);川窪伸光(岐阜大学・応用生物科学部);高相徳志郎・木本行俊・中西希・平良裕代 (総合地球環境学研究所・西表プロ ジェクト);上林大介・崎枝裕次・平良薫・安田恵子・相川容子・後藤晴美(西表プロジェクト・研究補助員);蒲田 愛美(撮影地情報提供))。

 

写真特集

教員個人研究室ホームページに、様々なデータベースがあります。データベースや写真を中心とするものを集めました。アクセスしやすいように リンクを貼り、皆さんによりご利用しやすくしたものです。各ページの内容は、各教員や研究室が、独自に提供しているものです。

東北タイドンデーン村有用植物写真集(著作:宮川修一教授・松田明子・矢野由希絵)

宮川修一教授(生産環境科学課程)→多様性保全学研究室(宮川)ホームページ

この写真集は、ドンデーンプロジェクト農学班の研究集成である「ドンデーン村 東北タイの農業生態」(福井捷朗著 1988年 創文社)の末尾に載せ た、「宮川修一によるドンデーン村の有用植物」の発展版である。この植物表に若干の修正を加え、さらに写真を付けた。当時は利用植物をできうる限り網羅し たつもりであったが、それでも多くの有用植物、特に木本類や林産物が漏れていることが弱点である。さらに最近導入された作物などについての情報も不足して いる。いずれ範囲を東北タイ全域に広げて完璧を期したいと思う。これらの他、間違いなどにお気づきの方は、ご教示ご連絡いただければありがたい。

 

フォトギャラリー(著作:山本謙也准教授)

山本謙也准教授(生産環境科学課程)→動物発生学研究室ホームページ

これまで撮ってきた発生学関係の写真を中心に、アップしています(教育目的で高解像度の画像がご入り用の場合はご連絡ください)。

森の写真集(著作:加藤正吾准教授)

加藤正吾准教授(生産環境科学課程)→森林生態学研究室ホームページ

岐阜県を中心に様々な森林の様子を写真付きで説明しています。

 


ページの先頭へ戻る