ホーム生産環境科学課程 > 教育目的

教育目的

生産環境科学課程の教育目的

生産環境科学課程は、分子から生態系までの生物学の幅広い階層とそれを取り巻く環境についての学理を教育します。それによって、植物・動物・微生物の機能開発、生物の保全、生物生産技術の開発、生態システムの分析、農地・森林・流域の管理手法の構築など「生物生産」と「環境保全」に関する専門能力を持った人材を養成します。

カリキュラムポリシー(教育方針)

生産環境科学課程では、生物の生理、生態、遺伝および生物生産科学、生物環境科学などを共通の基盤とし、生物生産と環境保全に活用するための専門知識と技術を習得します。

応用植物科学コースでは、「持続可能な植物生産」と「食料の安全安定供給」に関する知識と技能を身につけるため,植物生理,遺伝,育種,植物保護,農業経済,植物生産技術に関する講義・実験実習・演習を体系的に編成し各研究分野の分担・連携の元で教育を実施します。

応用動物科学コースでは、動物の発生・遺伝・栄養・繁殖および行動学をカリキュラムの基盤として、動物の生命・生理現象に関する学理を、主に産業動物や展示動物などの生産、管理および保全に応用するための知識や技術を習得することを目的とした教育を行います。

環境生態科学コースでは、生態学と地域環境工学を基礎として、農地・森林・流域を含む環境や生態系の管理・保全・修復に関わる技術と知識の習得を目指した教育を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

生産環境科学課程は、持続的な生物資源生産や環境管理に必要な科学的思考力と専門知識および技術を併せ持ち、植物生産、動物生産及び環境保全の諸分野で活用するための実践力を保証します。

応用植物科学コースは、植物科学に関して,遺伝子から細胞・個体・生態系までを体系的に理解する能力を持つとともに,食料生産および環境問題に関する専門知識と高度な技術を習得して持続可能な植物生産と食料の安全安定供給に携わることができる視野の広い人材であることを保証します。

用動物科学コースは、動物の生命科学・生産科学・保全科学について体系的かつ統合的に理解する能力を持つとともに,主に産業動物や展示動物などの生産・管理および保全に携わることができる知識と技術を身につけた人材であることを保証します。


環境生態科学コースは、人間を取り巻く環境や生態系を総合的に捉える能力を持つとともに、生物生産および環境保全・修復の実施と関連する技術開発に携わることのできる知識と技術を身につけた人材であることを保証します。

学部教育理念やアドミッションポリシーについては、学部Webサイトの理念をご覧ください。

ページの先頭へ戻る